北海道の自然素材で住宅・店舗をデザインします。

2010年10月28日

北海道新聞連載L

北海道新聞連載記事です。

北海道新聞 平成22年10月28日生活面掲載
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「農を楽しむ」−西條さんの菜園便り L「袋栽培の楽しむ」

 忙しかった畑作業も、後片付けに追われる季節になりました。収穫できる作物も残り少なくなってきましたね。
 僕の畑でも、徐々に片付けを始め、残る野菜は、キャベツ、レタス、白菜、ホウレン草などの葉物野菜、そしてニンジン、ゴボウなどの根菜類となってしまいました。
 秋に収穫する予定だったダイコンは、種を蒔きそびれてしまい、もっぱら、仲間のおこぼれに預かっているのですが、これはこれで、いろいろな種類のダイコンを頂けるので、嬉し楽しい気分です。根菜類は収穫後、土に植え込んで、保存します。また、ホウレン草は雪の下で冬を越して、来春一番の収穫野菜になる予定です。

 丘珠有機菜園は、水はけが悪く、粘土質の土がガチガチに固くなるので、根菜類の栽培には苦労します。僕は割り切って、収穫しやすいミニサイズのダイコンやゴボウを作っていました。でも、細いゴボウは、掘り起こすのがひと仕事です。そこで今年は、ゴボウの袋栽培に挑戦してみました。
高畝を利用し、堆肥、炭、油粕などを入れて軽く耕起した後、土を入れた不織布の袋を、少し間隔を空けて、高畝に逆さにして並べていきます。そして、袋の底を開いて、ゴボウの種を蒔き、わざと広くした袋と袋の間には、マリーゴールドの苗を植えたのです。
これは、見た目が綺麗なことと、センチュウの被害を防いでくれるコンパニオンプランツ    (共栄植物)として、根菜類との相性が良いからです。さらに、高畝の両側の列にカブの種を蒔き、3種の混植栽培にしてみました。
 ゴボウの追肥は、草木灰を表土に施肥しただけで、あとは得意のほったらかし状態でした。待ちに待った収穫の日、袋を持ち上げると、崩れた土の中からゴボウが顔を出しました。ちょっと細身のミニゴボウです。初収穫は豚汁。柔らかくてとても美味しいゴボウをいただきました。
 袋栽培は、どこでも手軽に、根菜類を栽培出来るところが良いと思います。マンションのベランダやアスファルトの上でも栽培が可能ですし、ダイコンやニンジンのほか、ジャガイモやサツマイモ、長ネギなどの栽培にも便利なようです。来シーズンは、もう少し種類を増やして、栽培してみようと思います。また、袋栽培の他に、古タイヤを積み重ねて利用した栽培法も、同じ効果があります。どちらも資材を再利用して、何度も使え、収穫も楽に出来るところが良いところです。
菜園生活は、ゴミや廃資源を有効利用し、持続可能な暮らしを楽しみながら、実感することも出来る、すてきな暮らしなのです。
(西條正幸・ビオプラス西條デザイン代表)

gobouhukuro.jpg
袋の中でごぼうがすくすく。

gobou.jpg
袋を持ち上げ、ゴボウを収穫。
袋と袋の間に混植したマリーゴールドが美しく咲き誇っています。
posted by えこすた at 16:36| Comment(0) | 掲載記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

北海道新聞連載K

北海道新聞連載記事です。

北海道新聞 平成22年10月14日生活面掲載
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「農を楽しむ」−西條さんの菜園便り K「3種競演」

 いよいよ秋本番。天気は気まぐれで、寒暖の差も激しくなってきました。
 暑さが収まり、少し元気を取り戻した野菜たちも、徐々に終演を迎えようとしています。
 僕の有機菜園で、今年初めて栽培に挑戦した作物の一つに、サツマイモがあります。
何かとお世話になっている、砂川のハーブ農園さんから、金時、紅東、パープルスイ―ツの3種類の苗をそれぞれ一株、思わず衝動買いをしてしまいました。
 育て方を聞くと、鶏糞をまき、土を盛って、ビニールマルチを敷き、植え込む。夏までは、あまり雨にあてず、乾燥気味で小さく育て、夏以降一気に成長を促す・・・といったようなアドバイスだったと思います。
 でも、この頃はすでに、ほぼ定植や種まきを終えていて、どこに植えたらよいか。そこで思いついたのは、花豆とルッコラをコンパニオンプランツ(共栄植物)として混植した植床です。
 すでに1mほどの円形に土を盛った植え床に、ルッコラの種をばら撒きし、その周りに竹竿を立てて、根元に白花マメを植えていました。少し強引ですが、その中央に穴をあけ、ミミズの堆肥を一握り撒き、ちょうど3箇所作っていた植床に、それぞれ一株づつ苗を植え込んでみました。
 ルッコラはグングン成長し、見る見るサツマイモの苗をのみこんでいきました。 もともとマルチ代わりに撒いたルッコラが、サツマイモのビニールマルチの代わりになればと思ったのですが、少々生育が良すぎたみたいです。
 結果は別として、土の中でヒルガオ科のサツマイモ、表層でアブラナ科のルッコラ、空中でマメ科の花マメの3種類が競演する植床のデザインにすっかり満足してしまった僕です。
 ルッコラは、別名「ロケット」と呼ばれる独特の香りと辛味が特徴のハーブの仲間で、白い十字形のかわいい花を咲かせます。 摘み取るとゴマのような良い香りを放つ、大好きな野菜の一つです。
 夏の間も元気に育ち、何もしなくても、あまり虫害にあうこともありません。種を自家採種しておき、来年も遠慮せずにたっぷりと使います。
 本来の主役の座を明け渡した格好の白花豆は、種豆を撒くのが少々遅かったせいか、10月になっても花を咲かせていました。豆の収穫までもう少しかかりそうです。
 そして肝心のサツマイモ。間引かれて隙間が出来たルッコラの間から蔓を伸ばし、収穫の時期がだんだん近づいてきたようです。我が家では、薪ストーブに、新聞紙とアルミホイルでくるんだイモを放り込みます。有機栽培で育てた自家製の3種類の焼きイモを食べ比べることにしましょう。
(西條正幸・ビオプラス西條デザイン代表)

satumaimohanamamerukkora2.jpg
畑の隅に作った円形の植え床で、異なった性格の3種類の野菜を栽培

hanamametorukkora.jpg
十字型のかわいらしいルッコラの花(右)と、遅咲きとなった白花豆の花の競演
posted by えこすた at 13:27| Comment(0) | 掲載記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。