北海道の自然素材で住宅・店舗をデザインします。

2011年08月30日

本当にあった、こわーい話

サブタイトル「カラスの呪い」

すっかり秋めいてきた頃に、背筋も凍る話は時期はずれと知りつつも、本当にあった怖い話。
わたしの住むアパートは街の中心部にあるものの、緑に恵まれた良い環境にある。しかも、リビングの窓の前には大きな木が数本あり、目に心地よい景色がありがたい。その小さな緑のなかには3,4羽のカラスが住んでいる。このカラスたちの一羽がお喋りという表現を通りこし、大きな叫び声でひっきりなしにお喋りをするという性格の持ち主だ。休日の早朝に窓を開けていると、その叫び声に耐えられなくなるときがあり、ミラーで光をあてるという攻撃をしたことがる。カラスは光が嫌いだ。

先週末の午後、札幌は豪雨にみまわれた。会社で仕事をしていると、アパートの大家さんから携帯電話に連絡が入った。
「実は、今の豪雨で、屋根から水があふれたようなんです。Iさんの部屋の下の人が知らせにきたんだけど、Iさんの部屋がすごいことになっているかも。帰ってこれないよね?どうしよう」と。と聞いてもピンとこなかった。
「大家さん、わたしの部屋に入って見てもらえますか?」
「そう?じゃ、入らせてもらいますね」
という会話の後、2時間ほど経過してから再び大家さんより連絡があった。
「・・・Iさん、ちょっと大変なことになっちゃった。帰ってきたらまた連絡ください。詳しいことお話するから。そう、絨毯が濡れたから、クリーニングに出そうと思うけど良いですかね」
「え?そのまま置いておいたら乾くと思うので、クリーニングださなくて良いです」
「いや、そういうレベルじゃないんだ」
「・・・っていうか。あれクリーニングだすとえらい高いものになりますよ?」
ということで、帰宅すると、大家さんの格闘の後と残骸が部屋にあり、あるはずの絨毯はやはりなくなっていた。
このアパートは雪を隣地に落とさずに乗せておく、北国仕様の屋根形状になっている。建物のほぼ中心に位置する「スノーダクト」という呼ばれ方をする部分に水はたまり、縦樋に流れる形式だ。
大家さん登場。
「樋のところにちょうど良い大きさのボールが挟まってね。水が流れなくってオーバーフローしたみたいなんですよ。カラスがのせたんだと思うんだ・・カラスが」
普通はオーバーフローしたからといって天井裏まで水はあふれないはずである。防水層が切れているところから、水が入ってきたはずだ。しかし、そんな話をできるような雰囲気でもない。大家さんの顔には明らかに疲労と困惑と申し訳なさがいっぱいだった。
「そうですか。これはきっとカラスの呪いですね。実はわたしが・・・カラスに嫌がらせをしました。でも、まあしかたがないです。絨毯は心配だけど・・・呪いをとるためにお払いに行ってきますよ」
大家さん「・・・あ、は、はは」
カラスの呪いは本当にこわーいのである。

------------
しかし、この仕事をしている人間としては笑い事では済まない。ぜーったい嫌な案件である。現場では、このようなことの起きないように職人は当たり前に念入り仕事をし、監督も目をひからせているのである!

今日の夕方は工務店さんと大家さんとが再び登場する予定だ。はあ。
IMG_0748.JPG
posted by えこすた at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

日本の文化としての建築

というタイトルを語れるほどの何ものもないのですが、文化としての日本建築を見ることが出来る場所をひとつ。
横浜・三渓園
110828_1251~01.jpg
臨春閣 - 「文化としての建築」それは建物からどの景色を切りとるか
日本建築の特筆するべきものは、やはり自然との関りかたではないかと思います。

110828_1214~01.jpg
茅葺屋根とつぼみ

110828_1213~01.jpg
手を合わせたくなるほどきれいです

110829_0851~01.jpg
間違いなく秋の空

関係ないのですが。
今日のことを考えながら、昼休みに読んだ文章は、やっぱりすごいなあと思い、明日の午前11時までしか読めないので。ここです。

------------------
110827_1558~01.jpg
現調完了・・・ってほどでもないです。以前の散歩コースでした。

専務へ 「今日は一緒に行くココロづもりでした。置いていかれてちょっと寂しかったです」
posted by えこすた at 13:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

試験成績書

高田松原の松でつくるプロジェクト。検査機関で検査し、安心な材料であることがわかりました。その結果については試験成績書という書類でいただきました。どのような方法の検査なのか、測定方法などは個別に対応させていただきます。ブログとはいえ、今現在、放射線というものについて正しい理解をしていないものが、それについて書くときでもないと考えています。
わたし共は木材を使って家を建てさせていただくことで、日々の糧を得ています。その木材への思い、木材を育てる森への思いは少しは深いものです。この一瞬を見つめるのではなく、子供や孫の時代を見据えて森を育ててきた人たちのおかげで、この仕事も出来るということを自覚して、行動や発言をしなければならないと思います。
今後もこの高田の松について、個別にも広告紙面でも、ご提案をさせていただきます。
「木材は大工仕事をする人間にとって命です。技術は継承されても木材がなくなったら意味がない。外国の材で修理するようでは日本の文化とはいえません」小川三夫

チェルノブイリについてのドキュメント

-----------------------
サンフランシスコから里帰り中のjunさんとお話をして、今のアメリカで日本の原発事故はどのように見られているかをお聞きしました。「なにやってんだ、日本!」かなと思ったら。
「わたしが日本人だとわかると、”地震たいへんだったね。大丈夫?”と気遣ってくれるけど、原発事故についてはニュースにもならないし、もしかしたら知らない人もいるのかもしれない。特にサンフランシスコはアメリカの中でも原発が多いところだからかな。政府ももちろん原発のことなんか口にしたくないだろうし。でも、ヨーロッパは違うよ。やっぱり非難の感じはあるんじゃないかな」とのこと。ご主人はたしかドイツの方。
110824_2153~01.jpg
junさんからいただいたベアー&ラビットとポップコーン菓子
ちなみに。アメリカではとうもろこしの90%以上?が遺伝子組み換えなので、避けては通れないそうですが、その中の数少ない「組み換えでない」とうもろこしのポップコーンでした。

110824_2110~01.jpg
・・そ、そうですか。わかりました。だからってねぇ、そこまでたたみかけなくたってようございませんか?いっこだけにしといてくださいよ。

110826_0852~01.jpg
タイトル:座れる縁台とすわれないベンチ・・・そのまま
top1108.jpg
FIL sapporro8月号発刊

わたくしごとですが
続きを読む
posted by えこすた at 09:59| Comment(0) | お家と社会情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

続きの「農的暮らし体験」

トマト畑の草はさくさくと取れて、気持ち良いほどでした。
草とりしながら、かわいいものたちを激写!
IMG_4466.jpg
今年2回目のキアゲハ幼虫と小さな指
IMG_4481.jpg
かわいい
IMG_4532.jpg
足にたくさんの花粉をつけたみつばちもかわいい
IMG_4533.jpg
お顔を拝見です
IMG_4540.jpg
なすびの花-うすむらさきが綺麗
IMG_4463.jpg
こちらは排水処理のため池にいた、ホテイアオイとトンボ
IMG_4518.jpg
「どうも」・・・「どうも」

鶏の解体体験取材班は実務に忙しく、工程写真は取れませんでした。
IMG_4543.jpg
体験者の感想は
「たいへん良い経験でした」
「・・・半分後悔しました」
わたしは・・・鴨なら出来たかもしれませんが、鶏だけはダメなんです。
のんのんファームの阿部さん
「いわゆるシメる時は本当につらいです。最初の頃はいつも泣いていました。だから、どうしたら一番らくにさせられるかを、いろいろ考えましたね」
阿部さんは、他にもたくさん泣いてきたんだろうと想像できました。

積丹までの旅路は参加者も含めて同じ車に乗り合いしました。
車中での会話の一部。
「今回、なぜ参加しようと思ったのですか?」
「あ、積丹に行きたかったんです」
「ほう。農的暮らしとか、ご興味おありだったとか?」
「・・・いえ、そんな興味ないです。積丹の海が綺麗だと聞いていたので・・・」
「いいですねえ。でも、今回は海じゃなくて山ですから!ほほほー」(その率直さ好きです)
また、こんな会話も
「会社の人が泊の海も綺麗だって言っていました」
「泊といえば・・・綺麗ですけど、原発ですよねえ」
「やはり、何か影響とかあるんでしょうか?」
「いやあ、巨大なナマコとか有名ですよね」
「昔、波の上のスポーツしていて、浜岡のほうに居たんだけど、魚もおっきくて、その魚狙ってサメもたくさんいたよ」
「そこのホテルでさ、バイトしていたの。時々さ、町の名前の団体が定期的に来るんだよね。どういう人たちかと思って人に聞いたら、どうやら中電がその人たちを招待していたらしい」
「それって、いわゆる接待ですか?」
原発がどれほど巨額のお金を生み出す商売なのか?想像も出来ない巨額なんでしょうね。商売の域を超えているけど。

IMG_4556.jpg

IMG_4557.jpg
神威(カムイ)岬にて
動機を素直にお話いただいたお礼に海までご案内しました。

こうして安全運転のうちに全員無事の帰還です。
「爆走とか暴走とか、、、とても不安になるのです」
posted by えこすた at 10:28| Comment(0) | 自然素材を楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

自然素材を楽しむ講座「農的暮らし体験」

北海道・積丹町
積丹の語源はアイヌ語で、シャクとコタンの二語を合わせたものです。シャクは夏、コタンは村または郷土のことで、シャクコタン(ShakKotan)夏場所という意味からきている。」町のhpより。

『のんのんファーム』(pdfのダウンロードページ)さんで「農的暮らし体験」の講座。

IMG_4470.jpg
手前の小さな丘のようなところは鉄筋コンクリート造の室(ムロ)

自己紹介とご挨拶を終えてから、建物内部と農園をご案内していただきました。
IMG_4477.jpg
母と子
鶏舎へ
IMG_4478.jpg
鶏の餌用にうにの殻。人気?あるとのこと。

IMG_4492.jpg
「あら、れっど!あんたこんなところに居たの?・・・久しぶりだねえ(涙)」
「ぽーぽっぽぽ・・・ぽ?」

IMG_4506.jpg
おいもの収穫体験

IMG_4516.jpg
これは!すごい大物を収穫されたご様子です

昼食は
・とれたてのおいものフライドポテト
・プティトマトとナスのマリネ
・ピーマンの紫蘇風味味噌炒め
・鶏もも肉としいたけとごぼうの煮こごり
・チリコンカン
・煮豆
・きゅうりのぴり辛漬け
・おいしいご飯
・プティトマトの蜂蜜漬け
・おいしいお茶
愛と自然の恵みのメニューハートたち(複数ハート)

午後からは鶏の解体体験チームとトマト畑の草とり体験チームに分かれます。

IMG_4521.jpg
「え?捕まえるところからじゃないの?俺はそこからしたかった!(プンプン)」と不満らしい。
狩猟民族の血が騒ぐのかな。

IMG_4523.jpg
トマトのさきっちょにあるのは
IMG_4524.jpg
この花の面影

IMG_4548.jpg
よかねぇ

・・・明日へ続く






posted by えこすた at 12:05| Comment(0) | 自然素材を楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。