北海道の自然素材で住宅・店舗をデザインします。

2011年09月30日

おつかれさまでした

今日はビオプラス西條デザインのKさんの、お祝いと共にある送別会です。
さくさく、ちゃくちゃくと仕事をするKさん。見習いたいです。良い意味で、とても常識的なものの見方をするKさん。共感します。クールを装っていますが、実はお喋り好きなKさん。そんなギャップが魅力的です。元気な赤ちゃんとお会いする日を楽しみにしていますよ!!!
☆関係者の皆様、万障お繰り合わせの上、会場へお集まりくださいませ。

------ ------ ------
fil1109.jpg
FIL2011-9月号発刊
今月号の特集は札幌国際映画祭(知らなかったー)!
------ ------ ------

先日、読んだコラムに西岡常一さんの言葉がありました。わたしも自身も『木のいのち木のこころ』(草思社)を人からお借りして読みましたことを思い出しました。そのコラムの抜粋部分をそのままここに転載させてもらいます。

 西岡常一さんは、法隆寺の昭和の大修理(1300年ぶりといわれる)を行った宮大工の棟梁である。『木のいのち木のこころ〈天〉』(草思社)から、彼の言葉を少し長いが引き出してみる。
「口伝に『堂塔建立の用材は木を買わず山を買え』というのがあります。飛鳥建築や白鳳の建築は、棟梁が山に入って木を自分で選定してくるんです。それと『木は生育の方位のままに使え』というのがあります。山の南側の木は細いが強い、北側の木は太いけれども柔らかい、陰で育った木は弱いというように、成育の場所によって木にも性質があるんですな。山で木を見ながら、これはこういう木やからあそこに使おう、これは右に捻(ねじ)れているから左捻れのあの木と組み合わせたらいい、というようなことを見わけるんですな。これは棟梁の大事な仕事でした。今はこの仕事は材木屋まかせですわ。ですから木を寸法で注文することになります。材質で使うということはなかなか難しくなりましたな。材質を見る目があれば、この木がどんな木か見わけられますが、なかなか難しいでな」

「この大事なことを分業にしてしまったのは、やっぱりこうしたほうが便利で早いからですな。早くていいものを作るというのは悪いことではないんです。しかし、早さだけが求められたら、弊害が出ますな。製材の技術は大変に進歩しています。捻れた木でもまっすぐに挽(ひ)いてしまうことができます。木の癖(くせ)を隠して製材してしまいますから、見わけるのによっぽど力が必要ですわ。製材の段階で性質が隠されても、そのまま捻れがなくなるわけではありませんからな。必ず木の性質は後で出るんです。それを見越さならんというのは難しいでっせ」

「そうした木の性格を知るために、木を見に山に入っていったんです。それをやめてどないするかといいましたら、一つは木の性格が出んように合板にしてしまったんですな。合板にして木の癖がどうのこうのといわないようにしてしまったんですわ。木の性質、個性を消してしまったんです。ところが癖というのはなにも悪いもんやない、使い方なんです。癖のあるものを使うのはやっかいなもんですけど、うまく使ったらそのほうがいいということもありますのや。人間と同じですわ。癖の強いやつほど命も強いという感じですな。癖のない素直な木は弱い。力も弱いし、耐用年数も短いですな。ほんとなら個性を見抜いて使ってやるほうが強いし長持ちするんですが、個性を大事にするより平均化してしまったほうが仕事はずっと早い。性格を見抜く力もいらん」

「曲がった木はいらん。捻れた木はいらん。使えないんですからな。そうすると自然に使える木というのが少なくなってきますな。使えない木は悪い木や、必要のない木やというて捨ててしまいますな。これではいくら資源があっても足りなくなりますわ」

「依頼主が早よう、安うといいますやろ。あと二割ほどかけたら二百年は持ちまっせというても、その二割を惜しむ。その二割引いた値段で「うちは結構です」というんですな。二百年も持たなくて結構ですっていうんですな。千年の木は材にしても千年持つんです。百年やったら百年は少なくても持つ。それを持たんでもいいというんですな。ものを長く持たせる、長く生かすということを忘れてしまっているんですな。昔はおじいさんが家を建てたらそのとき木を植えましたな。この家は二百年は持つやろ、いま木を植えておいたら二百年後に家を建てるときに、ちょうどいいやろといいましてな。二百年、三百年という時間の感覚がありましたのや」

(村山昇)


※製材の技術のところ。今のプレカット現場でも、木の癖を見極められる人が挽いている工場もあります。「この人がいないと、本当に困るんです!」と言われながら機械に向かっていました。
posted by えこすた at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

400,000円の重み

『地域材活用促進支援』という事業があります。「北海道の木材を使い、新築工事や改修工事をしたら、国庫補助金からお金をだしますよ」という事業です。山を守るには、山の木を木材として使うことから始まるということで、北海道の山を森を守るために、みんなで山の木を使いましょうと行政が率先して音頭をとってくれているのです。補助金額はその工事規模により出る金額は違うのですが、すべて道産材を使う新築工事の場合は400,000円になります。重いです。工事予算というものは、いつでもどこでも、きっちきっちです。出来る工事が増えることは施主にとって、とてもありがたいものだと思います。例えば、自分たちが会社の利益を400,000円あげることを考ると、かなりの仕事量になります。すずしい顔で打合せをしていても、ぽかーんとしながら図面を書いていたとしても、それはそれなりの汗や涙(少々大げさですが)あってのもの。そんな、重い400,000円の補助金事業を展開してくれる人たちが居てくれて、本当に良かったと思うのでした。
110929_1132~01.jpg
北海道木材産業協同組合連合会:室名札がかわいいです

------ ------ ------
朝晩の空気は冷えている札幌。大通り公園では「札幌オータムフェスト」なる美味しいお祭り開催中です。去年はじめて行った時はかなりワクワクしました。hpはこちらです。
110925_1925~01.jpg
posted by えこすた at 14:31| Comment(0) | お家と社会情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

住まいnet北海道

昨日の夕方のこと。住まいnet北海道のOさんがいらしたので、お茶をお出したところ。Sさんに「名刺わたして」と言われ、思わず「なんで?」と失礼な物言いをしたのはわたくしです。いえ、もう何度もお会いしていますしね、名刺コレクションとかしていませんし・・・その昔、名刺じゃんけんとかありましたね。子供の頃、襖の陰から見ていました。セピア色です・・・
ということで。『住まいnet北海道』とは「住宅事例とインテリアのデザインブック」です。新ためてページをめくってみますと、写真を中心とした構成がわかりやすく、とても見やすい雑誌ですね、Oさん。地元工務店と設計事務所もピックアップし易いように思います。
hpはこちらです。
IMG_4773.jpg
今月号は「小さな家で、大きく暮らす」特集(ビオプラス西條デザインも掲載されています)
表紙もかわいいです。

posted by えこすた at 14:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

秋は夕暮れ

「夕日のさして、山の端いとちこうなりたるに」とあるように秋の夕陽の頃は良いものです。(って、毎年書いているような気もします)日本で夕陽のきれいなところは、たくさんあるかと思います。北海道ですと留萌や増毛のあたり、大きな夕陽が海に落ちてゆく姿はため息がでるほどです。山陰・松江の宍道湖の夕陽も有名ですね。いつかの旅の写真を。

IMG_1235.jpg
旧大社駅(ホームです・・・すんません)
設計者:曽田甚蔵(高尾駅も設計されています!そうそう、高尾もお勧めですねえ)
竣工:1924年(大正13年)
構造規模:木造平屋441u(約133坪)
趣のある駅舎は一見の価値ありです。現在はイベントなどで使用されています。公開されていますので、山陰への旅の際にはお立ち寄りをお勧めします!

IMG_1239.jpg
大社駅前からの夕陽の眺め・・・大きいんですよぉ

IMG_1161.jpg
宍道湖の夕陽は、時間ごとに落ちてゆく様を追いかけるように見てしまいます

IMG_1157.jpg
うさぎは登ってくる月をずうっと待っていました

IMG_1166.jpg
旅は良いですねえ。
思わぬ出会いがあるものです。ホテルのお風呂で声をかけてくださった、ドイツからいらした方は北海道ご出身ということで、お話も盛り上がりメールで写真を交換しあったり、出雲大社境内では自分の両親と同じ頃のご夫婦と目が合って微笑み返したことで記念写真を撮り、後日写真を送っていただき、添えられたご主人さまからのお手紙は「Iさんは、ちょっと太り気味なのが心配です。もうちょっとやせたほうが良いと思います」と爆笑ものだったり。旅の出会いならではコミュニケーションができるものです。
・・・やはり、太りすぎでしょうか?心配の言葉をかけられることが時々あるんですよねぇ・・・
posted by えこすた at 13:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

住み継がれる家

増築や改修をして住み継がれる家を見る時、部外者といえども、嬉しく感じます。
当事者としては、諸条件の優先順位のつけかたをどこにもってくるか、経済的なこと、将来的なことをどこまで考えたら良いのか。と、新築の場合よりも悩みを多いものです。個人的な考えではありますが、こと、住宅の増築や改修工事についていえば、「今」を大切に考えることが一番良いのではないかと考えています。
IMG_4765.JPG
台風が過ぎた空に、大屋根の家(勝手な命名)
設計者は斉藤裕さん。構造材はすべて青森ヒバ。現しの柱はすべて6寸。竣工時はインテリアも”和風”だったものを、ご両親との同居を機に増築と改修でインテリアについては一新されました。ドイツのシステムキッチンやB&Bのソファやカッシーナのダイニングがしっくりおさまるインテリアとなりました。おそらくは新築工事にかかる費用以上の工事だったかと想像できます。

IMG_4766.JPG
台風後はガーデンチェアもこの通りでした

------ ------ ------
朝出掛けて夜帰りまーす、くらいの気分で出掛けたのに、台風15号の威力により図らずものシルバーウィークとなってしまいました。
ずぶ濡れになって大屋根の家へたどり着くと。
U「Iまるの今夜の飛行機、飛ばないと思いますよ!」
I「チ、チ、チー。エアードゥーは飛んでいるんだねー。道産子は根性がちがうのよー」
U「ふーん・・・根性で飛んで、あれれーって落っこちたりして」
I「たしかに・・・リスク高いね」
大手の航空会社は羽田-新千歳は朝からすべて欠航しているなか、わがエアードゥーは午前中は飛んでいました。しかし、やはり、午後便からは欠航。
110922_1149~01.jpg
翌日は平日にも関らず混雑が続き、空席待ちでも、最終便に乗れるかどうかの微妙な状況につき、さくっと諦め、翌々日の夕方の便を確保し、大屋根の家へと帰ったのでした。
IMG_4757.JPG
こちらは羽田へ向かうときの空。月が浮かんでいました。

ちょっと留守にした間に札幌は秋深しです。
IMG_4771.JPG
ミントももう終わりです。
posted by えこすた at 13:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。