北海道の自然素材で住宅・店舗をデザインします。

2012年06月21日

エコ旅どうでしょう!ENGLAND編 13

英国でエコ旅 その13

薬草の庭『チエルシー・フィジック・ガーデン』


チエルシーフィジックガーデン (6).jpg

フラワーショウでも有名なチエルシー地区にあるガーデン。
世界の薬草を栽培している、珍しい薬草専門の庭があるのです。

チエルシーフィジックガーデン (116).jpg
チエルシーフィジックガーデン (26).jpg

かつて、世界中からプラントハンターが集めてきた薬草を、
生育地域ごとに分けて、栽培展示しているゾーンもあった。


チエルシーフィジックガーデン (28).jpg

エデンプロジェクトと比べると、古い感じは否めないところだが、
古いながらも良い感じの木製の温室や、ギフトショップもあり楽しめた。

チエルシーフィジックガーデン (119).jpgチエルシーフィジックガーデン (118).jpg

チエルシーフィジックガーデン (54).jpgチエルシーフィジックガーデン (120).jpg

近くには、チエルシー・ファーマーズマーケットがある。
花の苗や種、ガーデン雑貨などが販売され、レストランや
オーガニック食品・雑貨のマーケットなどがそろっている。
お土産のオーガニックティーやお菓子はここでゲットしました。


次回は天文台で有名なグリニッジ地区に建設中の『ミレニアムビレッジ』です。

『エコ旅どうでしょう』はエコ空間デザイナー 西條正幸がお伝えします。
posted by えこすた at 00:21| Comment(0) | エコ旅の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

エコ旅どうでしょう!ENGLAND編 12

英国でエコ旅 その12

ロンドンのメリルボーン・ファーマーズマーケット


メリルボーンファーマーズマーケット (2).JPG

パディントン駅に到着後、近くのホテルへチエックイン。
荷物を部屋に運びすぐにタクシーに乗り向かったのは、
メリルボーンにあるオーガニックマーケットでした。

駐車場を利用し、日曜日の午後2時まで開催しています。
オーガニックファームがたくさん集まっていて、野菜やパン、
肉、魚、乳製品、ジャムやジュースなどの加工品などが並びます。

英国では週末に生産者が直接消費者と顔御合わせて販売を
するファーマーズマーケットがいろいろと開かれているのです。

メリルボーンファーマーズマーケット (19).JPG

メリルボーンファーマーズマーケット (24).JPGメリルボーンファーマーズマーケット (3).JPGメリルボーンファーマーズマーケット (65).JPGメリルボーンファーマーズマーケット (71).JPG

メリルボーンファーマーズマーケット (36).JPG

メリルボーンファーマーズマーケット (47).JPGメリルボーンファーマーズマーケット (63).JPG

メリルボーンファーマーズマーケット (61).JPG

キノコ農家の実演していた、マッシュルームのサンドイッチが
おいしそうだったので、食べてみました。これがマッシュルーム?
『オイスターマッシュルーム』・・・実はヒラタケなのでした。

次回は薬草専門の庭園『チエルシー・フィジック・ガーデン』

『エコ旅どうでしょう』はエコ空間デザイナー 西條正幸がお伝えしています。 
posted by えこすた at 23:43| Comment(0) | エコ旅の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

エコ旅どうでしょう!ENGLAND編 12

英国でエコ旅 その12

港町 『 プリマス 』で一休み


プリマス (4).JPG


エデンプロジェクトから車で60分ほどでコーンウオールで
最大の港町プリマスへ到着。ホテルにチエックイン後、
速攻でレンタカーを返却に行きました。戻るとすでに夕刻、
旧市街と港地区バービカンを散歩しながら夕食レストラン
探し、シーフードのおいしいお店を見つけました。


RIMG0085.JPGプリマス (8).JPG

ウインドウショッピングで見つけた雑貨屋さん、この手の
魚や鳥グッツには目のない僕ですが、残念ながらすでに店じまい。


P1070419.JPG

夕食にムール貝を注文しました。子供のころによく食べたイガイ
よりも上品な味、ワインのお供でペロリとたいらげた。


P5060473.JPG列車.JPG

翌朝早く、列車に乗り4時間弱、ロンドンへ向かいます。
残る滞在地はロンドンとブライトンの2都市となりました。
列車の席は対面式の大きなテーブルがありとても快適です。


次回からはいよいよロンドン周辺のエコ事情を紹介します。

エコ旅どうでしょう!はエコ空間デザイナー 西條正幸がお伝えしています。
posted by えこすた at 21:35| Comment(0) | エコ旅の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

エコ旅どうでしょう!ENGLAND編 11

英国でエコ旅 その11

2つの宇宙ドームと教育センター『The Core』


エデンプロジェクト (103).JPG


エデンプロジェクト (67).JPG

2001年エデンプロジェクトは粘土を採掘した後残された、
深さ60メートルのクレーター(15ha)の敷地に、2つの
巨大な温室を作り上げた。 敷地内には植物が育つ良い土が
無いため、廃棄物をリサイクルした堆肥と残った粘土を合わせ、
土づくりから始まりました。 不毛の大地を再生し世界中の
4500種の植物が生育する、世界最大級の施設となりました。


熱帯多湿バイオーム

エデンプロジェクト (312).JPGエデンプロジェクト (330).JPGエデンプロジェクト (318).JPGエデンプロジェクト (355).JPG

熱帯雨林を再現したドームは長さ240m×幅110m
高さ55m、雨水を利用した噴霧装置で加湿されているため、
まさに熱帯多湿。背の高い、大型植物やコーヒー・ゴムの木
などのプランテーション。 滝やマレーシアの高床式住居と
家庭菜園の様子が再現されていて、異国の菜園生活が感じられた。


温帯バイオーム

エデンプロジェクト (363).JPGエデンプロジェクト (375).JPGエデンプロジェクト (369).JPGエデンプロジェクト (405).JPG

南アフリカ・地中海・カリフォルニアなどの地中海性気候帯を
再現した、長さ200m×幅100m高さ47mの少し小ぶりな
ドーム。 色とりどりの花やハーブそして低木やが生い茂る、
カラッとした温暖な気候を再現していて気持ちが好い。
大きな鍋で作る地中海料理のオープンカフェもあり楽しい。


環境教育センター 『ザ・コア』

エデンプロジェクト (55).JPG
エデンプロジェクト (472).JPGエデンプロジェクト (474).JPG

2005年に完成した、環境教育のための様々な展示コーナーを
持つ施設。建物は、植物の葉をモチーフにデザインされていて、
リサイクル可能な建材とソーラー発電や雨水収水システムなどを
備えるエコロジー建築で建てられています。 展示コーナーの
『植物エンジン』は人間が植物から受けている様々な恩恵を知らせる。


ショップ&レストラン

エデンプロジェクト (522).JPGエデンプロジェクト (359).JPG


エデンでは2つのドームの間にある、大きな2つのレストランでは、
施設内で栽培された食材を使いながら、おいしい料理提供していて、
結婚式やパーティーなどにも使われているようです。
また、ショップでは植物に関連するグッツを販売していました。

1日かけてエデンを見学(でも駆け足で・・)後はプリマス
でレンタカーを返し、翌日列車でロンドンへ向けて出発です。

英国でエコ旅、旅の報告も始めてみるとけっこう大変、
毎回写真選びからフィニッシュまでに2時間コースです。
終盤に向けて最後まで何とか頑張ります。


さて次回は、港町プリマスで一休みしようかな・・・。

『エコ旅どうでしょう』は空間デザイナー 西條正幸 がお伝えしています。
posted by えこすた at 18:47| Comment(0) | エコ旅の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

エコ旅どうでしょう!ENGLAND編 10


英国でエコ旅 その10

世界最大の巨大植物ドーム『 エデンプロジェクト 前編 』


エデンプロジェクト (45).jpg

エデンプロジェクト (457).JPG

コーンウォールの陶土採掘跡地に建つ2つの巨大な屋根付きバイオドームは、
熱帯雨林を再現した多湿熱帯バイオドームと、地中海やカリフォルニアなどを
再現した温暖バイオドーム。 そして教育センター『The Core』と
屋外のバイオームで構成された、全世界4500種類もの植物が主役となった
巨大プロジェクトです。細部にアーテイスティツクな展示や装飾がなされた
とても素敵なところで、毎日たくさんの方が訪れていました。

特に野菜が美しく並ぶベジタブルガーデンに囲まれたオープンテラスや、
パーマカルチャーガーデンをつくるための様々な手法が一目でわかるデモ菜園など、
僕にとっては、参考になることも多くとても楽しい見どころ満載の環境施設でした。


エデンプロジェクト (131).jpgエデンプロジェクト (135).jpg

屋外のバイオームと呼ばれる庭園も楽しい空間がひろがる。
生きた柳を使った瞑想のためのティピーとビクトリア時代の
庭を再生したヘリガンでみられる像も見られます。


エデンプロジェクト (162).jpgエデンプロジェクト (206).jpg

グローバルガーデンでは世界各地の野菜をゾーンごとに栽培し
パーマカルチャーガーデンの作り方を表現しているようだ。


エデンプロジェクト (468).JPGエデンプロジェクト (459).JPG

 メディカルハーブ畑では、出来上がった薬の入ったカプセルが
植物の前に並び、ビフォーアフターが解りやすい展示法が面白い。


エデンプロジェクト (262).JPG

エデンプロジェクト (279).JPG

畑好きにはたまらない、野菜が主役の美しいガーデンに
囲まれたオープンテラスで食事が出来るのでした。
こんな奇麗な野菜畑見た事ありません。つい写真も大きくなる。

エデンプロジェクト (502).JPGエデンプロジェクト (501).JPG


植物の生産品が無くなると暮らしはどうなるのか・・・
そんな動く展示ブースが入場ゲートの前にありました。
植物に関わるアートな作品が植物と人のつながりが
エデンプロジェクトの大切なテーマなのでした。


次回はエデンプロジェクト 後編 バイオドームを紹介します。

「エコ旅どうでしょう」はエコ空間デザイナー 西條正幸 がお伝えしています。


posted by えこすた at 00:24| Comment(0) | エコ旅の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。