北海道の自然素材で住宅・店舗をデザインします。

2012年06月07日

    江別煉瓦で床用平角タイルをつくる

ナチュラルテラコッタ風のタイルが出来ました。


P1080534.JPG

P1080519.JPG

以前使っていていた、スペイン産で凍害に強い寒冷地対応の
ナチュラルテラコッタタイルと同じ風合いの床用平角タイル。
入手出来なくなってからしばらく経ちますが、ようやく手に入れました。
札幌の隣町、江別の煉瓦工場に注文して、特注で焼いてもらったのです。
ちょうど、英国へ旅に出ている間に、焼かれていたタイルが 窯から
出てきた20センチ平角タイル3000枚、出来栄えを見に行って来ました。

オーダーした、やや黄色みかかった風合いのモノが約半分で、色のムラが
けっこうあります。土のブレンドの違いや、窯に入れる際の積み方や、
火の入り方でも焼き上がりや色の出方が違ってくるようです。
何色か頼んだような感じですが、これはこれで、味わいがあって良いかな。

_MG_1141.JPG

安さにつられて、外国産のタイルをついつい使ってしまいましたが、
昨年から、玄関とポーチの床に、江別煉瓦のタイルを使い始めました。
でもやはり平角のタイルが好きなので、オーダーで注文したのです。
これから建てる、自然派住宅の玄関や土間タイルにたっぷり使えます。
北海道産のローカルマテリアルが主役の家づくりがさらにパワーアップ!
posted by えこすた at 12:52| Comment(0) | 自然素材あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

エコ旅 どうでしょう! ENGLAND編 5

英国でエコ旅 その5

オーガニックガーデンの展示場 

『 ライトン ガーデン・オーガニック 』


ガーデンオーガニック (1).JPG

英国には素晴らしいオーガニックガーデンやショップなどが点在する。
コベントリーの近郊の、オーガニックガーデンのテーマパーク、
『ライトン・オーガニック』でガイドツアーに参加してみました。

施設の構成は、ガーデンショップとレストラン・室内の展示ブース
在来種やオーガニックの種の保存室、そしてさまざまな屋外での
オーガニックガーデンのためのデモンストレーションといった構成です。

種の大切さ、土づくりやコンポストの提案といったような一般家庭での
オーガニックガーデンのモデル菜園などの身近な展示が好感を持てました。
オーガニックに特化したガーデン施設というコンセプトが素晴らしいですね。

ガーデンオーガニック (13).JPG

ガーデンオーガニック (341).JPGガーデンオーガニック (334).JPG

室内展示コーナーには、農業の伝統的スタイルや野菜・種について説明する
コーナーがつくられていました。時間の関係でゆっくり見れずに残念。

ガーデンオーガニック (19).JPG

伝統種やオーガニックシードの保存と管理を行っています。

ガーデンオーガニック (31).JPG

アブラナ科でちょっと辛味のあるジャイアントレッド。
種を見つけて自分のお土産にしました。早く種まきしなきゃ・・・。

ガーデンオーガニック (105).JPG

キューバのオーガニックガーデンの様子を展示。ソ連崩壊当時、
ここがいろいろアドバイスしたとガイドさんが話していました。
園内には20以上のさまざまなスタイルのガーデンを見ることが出来ます。

ガーデンオーガニック (55).JPG

土の展示なんて面白い、実際に植物を植えて比較したコーナーもありました。

ガーデンオーガニック (74).JPGガーデンオーガニック (85).JPG

草でつくる液体肥料のデモンストレーション。コンフリーはおなじみですが、
イラクサも同様にミネラル豊富な良い材料とは初めて知りました。

ガーデンオーガニック (61).JPG

生ごみをミミズを使って堆肥と液肥をつくるミミズコンポスト。
事務所でも使っているオーストラリア製「キャノワーム」の他
イギリス製の角型のコンポスターを見ました。

ガーデンオーガニック (161).JPGガーデンオーガニック (159).JPG

英国の平均的な広さの庭をオーガニックガーデンにした場合の
デモンストレーションガーデン。袋栽培やコンポストなどが見えます。

ガーデンオーガニック (181).JPG

ビニールハウスの中にガーデンをつくると、こんな感じに楽しめます。

ガーデンオーガニック (197).JPGガーデンオーガニック (307).JPG

シュタイナーのバイオダイナミックガーデンやサークル状のガーデン
曲線が菜園に変化をつけ美しいオーガニックガーデンが出来ます。

ガーデンオーガニック (331).JPGガーデンオーガニック (329).JPG

トマトスープ.JPG

無農薬・無化学肥料で育てたオーガニックな苗や種を販売しています。
お昼はオーガニックレストランで、トマトスープをいただいてから
コッツウオルズの街並みを楽しみながらこの日の最終目的地へ向かいました。

次回は素敵なコッツウオルズのお店とガーデンの話です。

「エコ旅どうでしょう」はエコ空間デザイナー西條 正幸がお伝えしています。














posted by えこすた at 17:36| Comment(0) | エコ旅の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

エコ旅どうでしょう! ENGLAND編 4

英国でエコ旅 その4

ローエネルギー住宅の見本・英国版エコビレッジ

『 ホッカートン ハウジングプロジェクト 』



ホッカートン (214).JPG

ホッカートン (1).JPGホッカートン (151).JPG


サウスエルの街と、素敵なカテドラルを見学した後、すぐ近くの隣町、
ニューアークにある5世帯のエコビレッジ『ホッカートンプロジェクト』
を見学しました。あいにくの小雨模様の中でしたが、現地に到着すると
羊と鶏がお出迎えです。27エーカー(約33000坪)の広大な土地に
羊や鶏の放牧地・パーマカルチャーガーデン・果樹林・調整池があります。
離れてみるとただの丘のように見えたところが、実は半分土に隠れた
パッシブソーラーを取り入れた、5世帯の連棟集合住宅が建っているのです。
南面が総ガラス張りのパッシブソーラーデザインで、太陽光発電システム
や風力発電などでの自給エネルギーと、雨水や調整池の水を浄化して
生活水に変える浄化システムを備えています。
熱交換換気システムなどの設備と土の下の厚い断熱層によって、熱損失が
少ない省エネ住宅になっています。また、ビレッジ内での管理は、
住人が毎週8時間の作業に従事することで成りたっているといいます。


ホッカートン (16).JPGホッカートン (24).JPG

楽しみにしていた菜園でしたが、これからが本番とはいえ、あまり
きれいとは言えないパーマカルチャーガーデンはちょっとガッカリ!
英国では定番のような、生きた柳を使った柵もありました。


ホッカートン (50).JPGホッカートン (48).JPG

生ごみは、古タイヤを使ったミミズコンポストでたい肥にしています。
ネズミが入らないように、底と蓋はコンクリート板を使っていました。



ホッカートン (56).JPG

土に隠れていてまだ見えませんが、丘の下に住居があります。


ホッカートン (61).JPG

ホッカートン (72).JPG

丘の上に登ると、ソーラーパネルが並び、ガラス越しに住居が
つながっている様子がわかりました。大きな池にはビックリ!
ソラーパネルはプランターボックスのような箱の上に載っていて、
動かないように、箱の中には石の重しが入っているそうです。
簡単で、安価なソーラー用の架台に寒心しました感心しました。
離れた所には、管理棟の事務所と、発電用の風車が見えます。



ホッカートン (54).JPG

ホッカートン (116).JPG

5世帯が連なる、長屋式の連棟住宅は、土の中はコンクリート構造に
防水シートと厚い断熱ボードを外側にし土をかけています。
土から出たガラスの前室が、木フレームと木製の3層ガラス窓で構成
されていました。床・壁・天井の蓄熱性能が好いので、ほんのわずかな
電気暖房で冬を過ごせるそうで、光熱費はごくわずかで過ごせるそうです。


ホッカートン (89).JPG

ホッカートン (165).JPG

土の中には、コンクリートの円形土管が埋められていて
中は食品庫になっています。安定した地熱を利用することに
なるので、15度前後の室温で、卵や野菜の保管に利用していました。


ホッカートン (126).JPG

ホッカートン (207).JPG

管理棟の中の集会場で、スライドを見ながら説明を聞くことが
出来ます。トイレはやはりコンポストトイレでした。


ホッカートン (132).JPG

あいにくの天気で写真うつりもパットしませんが、大きな池と
住棟の全景です。家の前にこんな大きな釣り堀があるなんて
釣好きにはたまらない、なんともうらやましい限りです!
池で育った鯉は、販売していて、管理費の足しになっているようです。  
見学後は、この日の宿、コッツウオルズの北の玄関口、
ストラトフォード・アポン・エイボンへ向かって車を走らせました。 


次回はコベントリー近郊、オーガニックガーデンの展示場
『レイトン ガーデン・オーガニック』の話です。

「エコ旅どうでしょう!」は エコ空間デザイナー 西條 正幸 がお伝えしています。












posted by えこすた at 02:32| Comment(0) | エコ旅の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

シンプルな2人暮らし・北海道の木の家

北海道の無垢の木と自然素材で建てました

『やさしい自然派住宅見学会』


運動会シーズンまっさかり、最高に良いお天気の中ですね。
6月2日・3日の2日間限定で、お施主さんの好意で、完成見学会を
開催しています。 今日はたくさんのお客様に来ていただいています。

IMG_4870.jpg

骨太のトドマツで組んだ梁と柱で安心感のある家です。
床はミズナラのフローリングを天然塗料で仕上げてあります。
合板は一切使わずに、北海道産の無垢の木だけで建てます。

IMG_4878.jpg

有機栽培のイグサの畳をはめ込んだ和コーナーがリビングの
一角にあります。市松模様の襖の奥は本棚なのです。

IMG_4858.JPG

寝室は一階につくりました。天井の道産杉が良い香りです。
亜麻油の天然塗料で木の質感を損なわず、木を保護します。

IMG_4876.jpgIMG_4874.jpg

壁の仕上げはホタテの貝殻を紙繊維と天然のりえをブレンド
した、オリジナルの塗り壁材です。仕上げはおお施主さんの
セルフビルディングです。トイレの壁を緑色のベンガラで
色付けしてみました。

IMG_4859.JPG

IMG_4861.JPG

IMG_4866.JPG

2階のフリースペース。床と梁はカラマツ材を使っています。
障子の奥はリビングとつながる吹き抜け空間です。
天井は麻と木の繊維(ビスコースレーヨン)の織物壁紙です。
下地処理のパテ材や施工に使う接着剤も無添加・天然素材です。
posted by えこすた at 15:12| Comment(0) | 家づくりの現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

エコ旅どうでしょう!ENGLAND編 3

英国でエコ旅 その3

ゲリラガーデナー達が自給自足100%を目指す町

『 ト ド モ ー デ ン 』



トドモーデン (17).jpg


リーズから次の目的地トドモーデンについたのはすでに夕方、
インフォメーションセンターはもう閉まっています。
街の空き地に、勝手に食べられる作物の種まきを始めたことから、
ゲリラガーデナーの町として脚光を浴びました。

案内図を頼りに街を散策していると、偶然にも、最初に行動を起こした
メンバーの一人、メリーさんとめぐり合い、話を聞くことが出来ました。
なんともラッキー!自宅の庭も案内していただき、お茶までごちそうになり、
おまけに英国王室から頂いたという勲章まで見せていただきました。

3年ほど前から、空き地に勝手に種まきを始めたことがきっかけで、
現在ではNPOが管理しながら、空き地を利用して、食べられる果樹、
野菜やハーブを植える活動を続けるようになりました。

街の印象はと言うと、菜園だらけの街を創造していったのですが、
思っていたほど街中が菜園化しているわけではありませんでした。
ゲリラの行動がきっかけで市民が一体となった活動が素晴らしいのでした。
 
この後旅をしていてわかったことですが、英国の街中は、あちらこちらに
結構ゴミが捨てられていてはっきり言って汚い。ちょっとガッカリ!
それに比べると、この街は空き地を菜園にすることで、
ゴミのポイ捨てが減り綺麗になっていたように感じました。

トドモーデン (35).jpg


トドモーデン (28).jpg

メリーさんの自宅と活動を紹介する・デモンストレーション用の前庭


トドモーデン (68).jpgIMG_2645.jpg
道路脇、以前はゴミが散乱していた場所だったのよとメリーさん。
近くにある教会の敷地内にもゲリラガーデンがありました。


トドモーデン (10).jpg

病院の殺風景な庭がゲリラガーデナーの手で食べられる庭に変身しました。


トドモーデン (2).jpgトドモーデン (37).jpg

街の駐車場の空き地にも食べられるベリー類やハーブが植えられています。


トドモーデン (85).jpg


ゲリラガーデデナーの活動が認められて英国王室から贈られた勲章。




思わぬ出会いですっかり遅くなり、この日はここで終了。
迷いながらも英国でカテドラル(教会)のある一番小さな町、
サウスウエルの 古〜く歴史のあるホテル
『ザ・サラセンスヘッドホテル』へ宿泊しました。
ホテルのバーテンダーさんが、このホテルは幽霊がでるんだよ〜
とビビる話を寝際に聞かすので、通訳さんは電気を点けて寝たそうです。
僕は迷っているうちに即寝です。 後日写真整理で気がついたのですが、
ホテルでとったはずの写真が見当たりません・・・どうしたかな???



次回は英国版エコビレッジ『ホッカートンプロジェクト』の話です


『エコ旅どうでしょう!』はエコ空間デザイナー 西條 正幸 がお伝えしています
posted by えこすた at 17:57| Comment(0) | エコ旅の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。