北海道の自然素材で住宅・店舗をデザインします。

2012年07月31日

拓北の家 その3

今回は建て方の様子をお伝えします。 

DSCN9577.JPG

DSCN9584.JPG

土台がほぼ組みあがり、大引きを掛けようとしています。
それから内部足場用の仮床を組み、1階の柱を立てていきます。



DSCN9595.JPG

DSCN9603.JPG

カラ松の大梁と大黒柱の上に2階の床梁を掛けているところです。
構造体の樹種としては、柱はエゾ・トド松で、梁はカラ松・トド松です。
もちろん全て無垢材なので集成材は使っていません。



DSCN9611.JPG

梁の上に3.5寸角のマグサを乗せるところで、接合用のダボが見えます。



DSCN9626.JPG

見えがかりの良さと構造的な理由で、梁上部にボックス彫りを
施してそのなかに座金とナットを仕込みます。
こうすると、梁と梁を軸芯で引っ張ることができます。



DSCN9621.JPG

2階の床梁をほぼ組んだところです。
梁を渡りで組んでいるのが見えます。



DSCN9632.JPG

2階用の柱を仮置きしています。
背割りを入れたトド松の大黒柱(管柱ですが)が見えます。



DSCN9640.JPG

例のカラ松の太鼓落しの梁を掛けているところです。
梱包材やチップしか利用できなかったカラ松ですが、ここ数年の
乾燥技術の向上で、無垢材の構造材として使えるようになっています。



DSCN9672.JPG

DSCN9650.JPG

防風シートを先貼りしてから、垂木を掛けて
バラ板といわれる松材の野地板を張っています。
野地板の替わりに構造用合板を張るケースがほとんどですが
やはりこの部位に合板を使うのは耐久性に疑問があります。



DSCN9680.JPG

だいたい組みあがった様子です。土台敷きからここまで4日程
かかりましたが、幸いにも雨に降られずにすみました。



次回は屋根造作と外装下地の模様を。 (田)
posted by えこすた at 19:33| Comment(0) | 札幌版次世代住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

拓北の家 その2

前回は木架構の手刻みの様子と基礎工事の途中まででしたが
今回は基礎の完成までをお伝えします。


DSCN9472.JPG

基礎内部の埋め戻しの前に、室内の給気用の
アースチューブを設置しているところです。本州では
クールチューブと呼ばれることが多いと思います。



DSCN9471.JPG

左官屋さんが基礎の断熱材の表面にモルタルを塗っています。
基礎内の蟻の侵入を防ぐためです。



DSCN9511.JPG

基礎の断熱補強のために内スカート断熱を施しています。
通常、基礎断熱に使う断熱材は環境負荷の少ないビーズ法
ポリスチレンフォームを使っているのですが、今回は断熱
性能重視で押出し法のポリスチレンフォームを使っています。



DSCN9492.JPG

基礎のベースの外周に暗渠管を回しているのが見えます。
泥炭地や粘度地層の水はけを良くするのが主目的ですが
基礎内の地熱が水分で不安定になるのを防いでくれます。



DSCN9543.JPG

いよいよ土間コンと防湿コンの打説です。念のために
防湿コンの下に防湿フィルムを敷きこんでいます。



DSCN9552.JPG

コンクリートのひび割れ防止のために、
最低2回は鏝で押さえるようにしています。



DSCN9555.JPG

土間、防湿コンが打ちあがり、基礎工事も完成です。



DSCN9561.JPG

日もあらたまり、建て方の前に足場を掛けています。
コントロール良く、部材を投げ渡している瞬間です。



DSCN9569.JPG

例の栗土台をまわす前に、気密部材を設置しています。



次回は建て方の様子からお伝えします。 (田)
posted by えこすた at 21:33| Comment(0) | 札幌版次世代住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

エコ旅どうでしょう!ENGLAND編 24


英国でエコ旅 その24

イギリスドライブの助っ人を紹介します


RIMG0018.JPG

エコ旅の間世話になった英国製『ガーミン』のカーナビゲーションはインターネット
オークションで落札したものです。 現地に着かなければ海外のソフトが起動しない
ので、最初は・・・・・。モニター画面は英語表示なのですが、日本語アナウンスの
指示が出ます。交差点がロータリーの英国では、何番目にロータリーを出たら良いか
早くわかり重宝します。通訳さんがさっぱりナビを信用せずに走って道を間違えたり
して・・・今となればこれも楽しい思い出かな。ナビ本体は国内販売のものを使用し、
専用のメモリーカードを購入し入れ替えると、英国以外の国にも対応し使用できます。


英国のエコ旅報告、ひと月かけてどうやら無事完走できたようです。余裕が出来たら
過去のエコ旅を思い出してみようかな・・・!  もうじきロンドンはオリンピックで
大賑わいですね。2か月しか経っていないのになんだか懐かしい。皆さんも良い旅を!

エコ旅どうでしょう!はエコ空間デザイナー 西條正幸がお伝えしています。
posted by えこすた at 20:48| Comment(0) | エコ旅の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

エコ旅どうでしょう!ENGLAND編 23

英国でエコ旅 その23

イギリスでカテドラルのある一番小さな町『サウスウエル』


サウスエル教会.JPG

旅の初めに立ち寄った小さな町サウスウエルの『サウスウエルミンスター』
もとは修道院だった大聖堂が現在もその姿を残す。 ノルマン様式のアーチ
建築とステンドグラスが印象的。 いたるところに施された人頭彫刻が印象的。
モンスター?や不思議な動物が入り乱れたの表情が全て違っていて、ちょっと
怖いようで、それがまた面白い。1200年前半に建てられた、聖歌隊席と後陣の
作り家具なども、楽しく見学することができました。

サウスウエル (17).JPG

サウスウエル (41).JPG

サウスウエル (22).JPG

ナショナルチエーンのお店が一件も無い町の商店街にあった英国の駄菓子屋さん。
かわいらしいお店には、色とりどりのキャンディーやお菓子が並んでいます。

サウスウエル駄菓子屋 (7).JPG

サウスウエル駄菓子屋 (4).JPG サウスウエル駄菓子屋 (3).JPG

次回は頼りになる旅の相棒を紹介しておきましょう。

エコ旅どうでしょう!はエコ空間デザイナー 西條正幸がお伝えしています。
posted by えこすた at 21:56| Comment(0) | エコ旅の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

エコ旅どうでしょう!ENGLAND編 22

英国でエコ旅 その22

アーツ&クラフツ運動


アーツクラフト (1).JPG

イギリスの詩人で、思想家、デザイナーでもあるウィリアム・モリス
(1834年-1896年)が起こしたデザイン運動。  産業革命の時代は
大量生産による安価で粗悪な商品があふれていた。ウイリアムモリスは
こうした状況を批判して、中世の手仕事に帰り、生活と芸術を統一する
ことを主張し、モリス商会を設立。装飾された書籍やインテリア製品
などを製作した。(以上ウイキペキアフリー百科事典より抜粋)

アーツクラフト (6).JPG

アーツクラフト (10).JPG アーツクラフト (14).JPG

アーツクラフト (11).JPG

ウイリアムモリスが『 イギリスで一番美しい村 』とた称えた
コッツウオルズの村の中のひとつチッピングカムデンに、当時の
様子がうかがえる、ショップとギャラリー、そして金銀細工の工房
が残っていました。2階にある工房は作業風景が見れるだけではなく、
直接職人さんたちにふれあい、話が出来るのには驚きました。

業種は違うけれど、建築デザイナーとして家づくりに係わることで、、
大量生産の既成建材を使った住宅や、ハウスメーカーなどがつくる
既成品住宅に疑問を抱き、伝統建築をいかした手作り感のある家を
こつこつ作る僕自身としては、少し感じるところがありました。

コツウオルズ 『バイブリー』

バイブリー (2).JPG

バイブリー (3).JPG


コッツウオルズの中でも最も美しいとウイリアムモリスもたたえる
『バイブリー』の村。あいにくの曇り空でしたが、まるでおとぎ話の
ように、小川沿いに広がる家並みと、すばらしい田舎風景を見ることが
出来ました。また、ニジマスの養殖場『トラウトファーム』があるのも
釣好きにはうれしく、さらに高感度UPであります。


次回はイギリスで一番小さな町?の話です。

エコ旅どうでしょう!は エコ空間デザイナー 西條正幸がお伝えしています。 
posted by えこすた at 23:02| Comment(0) | エコ旅の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。