北海道の自然素材で住宅・店舗をデザインします。

2012年10月20日

積丹『のんのん・ふぁーむ』にメンテナンスヘ

雪の季節を前にして、約一年ぶりに、積丹にある
有機・無農薬野菜農場『のんのん・ふぁーむ』へ、メンテ
ナンスの相談に行きました。自給自足の生活を目指して積丹の
婦美へ就農する、阿部さんの家づくりのお手伝いをしたのが
5年前です。以来、年に1度のペースで伺うようにしています。





DSCN0881.JPG

DSCN0849.JPG


母屋は積丹岳の登山道脇の小高い丘の上に建っています。
上の写真の中央が母屋で、右にある小屋は液肥の生成と汚水の浄化を兼
ねたBMWシステムが入っています。反対側から見たのが下の写真です。
中央に母屋で左にBMW小屋、右にある草の生えた土盛は作物貯蔵庫
の『雪室』です。中央に水生植物の生えた浄化池が見えます。
この池はサンショウウオも繁殖するビオトープになっています。







DSCN0876.JPG

雪室の入り口側を見た写真です。農場を営んでいると、冬期間の
作物の保存が重要ということで、貯蔵庫内に雪を入れて保存できる
『雪室』を造りました。やはり貯蔵した作物の糖度が上がるそうです。







DSCN0867.JPG

DSCN0872.JPG

今回のメンテナンスのテーマのひとつが道路の整備です。建設時、
丘の上の敷地まで150メートルほど砂利舗装の道路を作ったのですが、
5年の間に轍がひどくなり、路盤が露出している部分が出できました。
来年に補修するということになりましたが、途中、道路を検分しながら、
キノコ狩りをしていましたら、あまりにも有名な毒キノコを発見しました。
下の写真はそのキノコを持つ、農場主の阿部さんです。
  





DSCN0864.JPG

DSCN0852.JPG

上の写真は、私の御土産用に茗荷を採って下さっている阿部夫妻です。
下の写真に写っているのは、豆や山葡萄、平飼いの鶏の卵などです。
もちろん全てこの農場産です。卵も少々御土産にいただきました。

いつもながら、仕事で行ったつもりが休日に田舎に里帰りした気分
させてくれる場所です。ちなみに『のんのん・ふぁーむ』の作物
と卵は宅配便で送ってくれます。             (田)
posted by えこすた at 19:33| Comment(0) | 家づくりの現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

ストローベイルハウスをつくる 5

ワラでベンチをつくる 2

P1090436.jpg

P1090391.jpg


前回のワークショップの時に、残りものでこしらえた
ワラと土のベンチ。下塗りの土が足りなかったのか、
ちょっぴりヒビ割れが発生していました・・・
今度はたっぷり残った土を使って仕上げ塗りをしした。


P1090389.jpg

P1090390.jpg

このベンチ、良く見ると目とお尻がちゃんとあるのです。
やっぱり不思議な生き物のようになっているのでした。


お弁当.JPG

お昼のお弁当です。
近くのオーガニックカフェ「コバコ」のマクロビ弁当

お弁当 (1).JPG

そして2日目は、洞爺湖温泉「かわなみ」の釜めし弁当。
どうです、おいしそうでしょ!


「 きまぐれな食堂 幸来 」

店舗の内装は来週いっぱいで完成しそうです。
ゆっくり準備をして12月オープンとのことです。
posted by えこすた at 11:00| Comment(0) | ストローベイル建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

古タイヤハウスをつくる!?

ワラの家  「 番外編 」 古タイヤハウスの実験

ストローベイルハウスをつくるワークショップの
最終日は、古タイヤを積み上げ、壁を土で仕上げる
古タイヤハウスのづくりにチャレンジしました。

タイヤ積み.jpg

エコ旅の記録で紹介した英国ブライトンのアースシップ
で見た、古タイヤを使った建築を参考に越冬野菜を貯蔵
する丘室の土留めに取り入れてみました。
丘室の本体は鉄筋コンクリート造で、外側が発砲系断熱材
で囲われています。 その上からすっぽり土をかぶせて 
カモフラージュするため、裏から見るとただの丘のように
見えます。かぶせる土を止めるための壁をつくります。

タイヤ積み (2).jpg

タイヤ積み (3).jpg

タイヤ積み (4).jpg

夕暮れ.jpg

参加者がストローベイルの土塗りの仕上げをしている間に、
準備を始めていました。重機を使ってタイヤに土を詰め
込みながら次々に積み上げていきました。
土にセメントを混ぜると良いようですが、今回は土だけ
です。 タイヤのサイズがバラバラで隙間から土が
流れ出し苦労します。ある程度タイヤのサイズを合わると
良いですね。何とか夕方までに積み上げを完成。

土塗り (1).jpg

土塗り (2).jpg

翌日は朝からみんなで、土塗りが始まりました。
まずは土が崩れないように木の板をあてました。
ストローベイルに塗った下地と同じ材料を使い
まずは下塗りし、休憩後、少し固まってきたところで
タイヤの間のくぼみに土を詰めてゆきます。

ストローベールのワラを崩して土に混ぜると団子状に
固まり上手くのせることが出来ました。
ほとんどが手で直接塗り込みながらきれいに整形して
仕上げていきますが、どこまで盛るのか・・・・・
すこし考えて「Cカップ」をリクエストしてみました(笑)。

土塗り (3).jpg

土塗り (4).jpg

お昼の休憩後に最後に仕上げと丘室本体の正面にも
土を塗りこみ、ワークショップはすべて終了です。
まるで石を積み上げたような凹凸感の壁が出来ました。
なかなかセクシーな古タイヤと土の壁になったでしょ!
扉を付けて、土をテンコ盛りにかぶせると完成です。

土塗り (5).jpg

土塗り (6).jpg

今回のワークショップはトータル5日間、徐々に
チームワークもバッチリ合ってきます。
夜もみんなでキャンプしたりユースに泊まったりと
楽しく、そして完成度も満点のワークショップでした。

きまぐれな食堂「 幸 来 」のリニューアルオープンは
11月?日 お店が完成するまでもう少しかかりそう。
この後のお店づくりの経過もお伝えします。
 
posted by えこすた at 23:10| Comment(0) | ストローベイル建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

拓北の家 その8

完成見学会の案内告知が先になってしまいましたが、
今回は仕上げ工事の様子をお伝えします。




DSCN0486.JPG


内部の塗装に使う塗料は、リボス社の自然塗料が多いのですが、
今回はアトリエベルの古色仕上げオイルフィニッシュを使いました。
国産で亜麻仁油ベースの木目が美しく出るオイルです。







DSCN0517.JPG 

 
内部塗装が終わったら、天井の和紙クロス貼りです。ビニールクロスなど
ではもちろん無く、藁を漉き込んだ土佐和紙を、無添加の澱粉糊で貼っていきます。






DSCN0654.JPG

いよいよ塗り壁工事になります。コストダウンと、セルフビルドの
楽しみを味わうのとで、塗り壁の施主施工はけっこうお勧めです。
今回は珪藻土ではなく、ほたてシックイを選択しました。
お父さんがほたてシックイをミキサーで混ぜている様子です。






DSCN0656.JPG

DSCN0658.JPG

DSCN0664.JPG

週末を3回使って塗り壁工事を行いましたが、施主の友人家族も多数訪れて
いただき、大変賑やかで、楽しみながらのセルフビルドでした。






DSCN0680.JPG

DSCN0684.JPG

DSCN0697.JPG


塗り壁工事の合間に造作家具の取付を行いました。その後にまた、
家具との取り合い部分にほたてシックイを塗っていきます。







DSCN0669.JPG

家具工事と同時期でしたが気密試験を行いました。
札幌版次世代住宅の認定に義務付けられているもので、
この建物の目標値の相当隙間面積は1.0以下です。試験を行った
結果としては0.2という大変優秀な数値でした。








DSCN0711.JPG


DSCN0763.JPG

DSCN0813.JPG

塗り壁工事が終了した後、設備機器や建具等の取付です。
最後に薪ストーブを設置して、内部の工事はほぼ完了です。





次回は外構工事と完成した建物の様子をお伝えします。   (田)
posted by えこすた at 17:07| Comment(0) | 札幌版次世代住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

札幌版次世代住宅を自然素材でつくる

札幌版次世代住宅の完成見学会 を開催します。

    10月13(土)14(日)の2日間
    札幌市北区拓北7条2丁目13


 平成24年度 sapporo ECO−E HOUSE
北海道産の循環型資源を活用した高断熱自然派住宅

DSCN0643.JPG

札幌市が募集した札幌版次世代住宅の補助金(50万円)をうけた
省エネ住宅の完成見学会を開催いたします。
評価等級「ベーシックレベル」で既存住宅の1/2程度のCO2排出量
の削減とエネルギー消費を抑え、省エネにつながる今後目標とされる
断熱レベルの住宅です。

DSCN0775.jpg

断熱性能を高めることによって可能になる省エネ住宅ですが、
建築資材の製造時から最終処分時までの過程における省エネ性や
環境負荷の問題や化石資源の消費などは棚上げになっているのが
現状です。 僕たちが提供する住宅の最大の特徴は、地域の資源を
最大限に活用して環境と住む人の健康に負荷をかけない持続可能な
循環型の住まいを提供すること目指しています。

DSCN0772.JPG

北海道産の無垢の木材を100%使用し、内装仕上げや家具・建具
にも道産木材を利用しています。 化学薬剤と合板類を使用しない
で家を建てる無合板住宅は、住む人の健康に負荷をかけない安全性と、
接着剤を使わずに50年以上の長期間使用でも劣化しない耐久性、
そして再生利用や処分時の環境への負荷の軽減につながります。

DSCN0774.JPG

壁と天井に充填されている古紙の断熱材は、木材利用の50%
以上を占める紙製造のリサイクル素材で、製造時での低いエネルギー
消費は、持続可能で快適な真の省エネルギー住宅を考える上で大切な
ことだと思います。北海道の循環型資源を活かした住まいづくりを
知っていただきたいです。

藤井邸完成見学会チラシ0921.jpg

posted by えこすた at 19:19| Comment(0) | 札幌版次世代住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。