北海道の自然素材で住宅・店舗をデザインします。

2013年08月30日

苫小牧のいえA その4

ブログの更新が遅すぎて
完成見学会の案内とあとさきになってしましました。

壁体内にセルローズファイバーという古紙再利用の断熱材を吹き込んだあとは
透湿シートを貼ってその上から石膏ボードを貼ります。


SANY1080.JPG

大工さんの奥のほうに見える灰色いのが断熱材が施工された壁です。

上に見えているのはオーナーさんが塗装したフローリング。
2階の床板、梁がそのまま1階の天井となっています。


SANY1081.JPG

そのうえから石膏ボードを貼ってゆくと、だいぶ部屋っぽくなってきましたね。
小上とキッチンの関係性が見えてきました。


SANY1083.JPG

2階は屋根の形がそのまま天井にあらわれています。
登り梁と棟木、それを受ける大黒柱が力強い印象です。

次回は施主施工第2段、内部塗装の様子と
内装工事の様子をおおくりします。  (はた)
posted by えこすた at 19:30| Comment(0) | 家づくりの現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

苫小牧のいえA 完成見学会のお知らせ。

お待たせいたしました。

苫小牧のいえAお施主さんのご好意により完成見学会させていただきます。
9月7日(土)8日(日)の2日間公開しています。

北海道の自然素材のいえ この機会に是非ご覧ください。


SKMBT_C22013083018170.jpg
posted by えこすた at 18:36| Comment(0) | 家づくりの現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

積丹『のんのん・ふぁーむ』にメンテナンスへ2

IMG_1406.JPG

IMG_1524.JPG

昨年秋に依頼された、寄り付き道路の補修にいよいよ着手します。
工事のために森を切り開いて作った寄り付き道路ですが、
約6年を経過して轍が深くなるなど、痛みが激しくなり補修を決断しました。
なかなか雪が融けず、工事開始が7月になってしまいました。
積丹岳を見ると、山頂付近にはまだ雪が残っています。






IMG_1393.JPG


IMG_1363.JPG

地盤改良材を利用して既存の砂利道を固める方法を選択しました。
アスファルトやコンクリートで舗装するよりもコストが安く、
部分的な補修はオーナーが自分でできるのがメリットです。







IMG_1404.JPG

既存の路盤を起こして地盤改良材を混ぜ込み、ローラーで転圧します。
後は地中の水分で固まって行きます。
これを側溝2ヵ所を増設しながら、130メートル分行います。








IMG_1373.JPG

浄化池の縁でヤゴの脱殻を発見しました。
それを手に取っているのは、オーナーの阿部さんです。
その場で生態学をいろいろとレクチャーしてくれました。








IMG_1377.JPG

この工事は2泊3日の予定で、阿部さん宅に食事付きで
泊まり込んで行いました。
この写真は初日の晩餐の様子です。
アメリカとフランスからWWOOFさん3人がちょうど滞在していて
一緒に夕飯をいただきました。
食卓の上には美国の漁師さんからもらってきたという雲丹が!
差し入れの新十津川の吟醸酒との取り合わせは最高でした。
もちろん阿部さんの野菜中心の料理もおいしかったです。







IMG_1412.JPG

IMG_1386.JPG

道路の補修と同時に雪室の補修も行いました。
雪室の上屋を覆っていた土が下がったため、露出した部分を土でふたたび覆います。
WWOOFさんに手伝ってもらい、土に麦わらと水を入れて足で練ります。








IMG_1389.JPG


IMG_1495.JPG


その後、露出した部分に土を塗り付けます。
皆さんお上手です。作業の呑み込みも早いです。
西條デザインにスカウトしたくなりました。
最初は鏝で塗っていましたが、いつしか素手で塗り付け
始めました。
最初からこのほうが良かったと全員の感想。
スイマセン、監督が悪かったです。







IMG_1397.JPG


10時の休憩の様子です。
道路補修の水野工務店の面々とWWOOFさんたちが輪になって休憩です。
言葉があまり通じなくても(フランス人のお嬢さんは日本語がペラペラでしたが)
連帯感を持つまであまり時間がかかりませんでした。
やはり同じ釜の飯を食ったからでしょうか。
皆さんご苦労様でした。

それではまた。     (田)   





posted by えこすた at 16:35| Comment(0) | 家づくりの現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

コンクリートブロック住宅をリモデルします

三角屋根プロジェクト その12


オフグリッドソーラー仕込む

完成外観.JPG

ソーラーパネル.JPG

1階壁面に250W発電のソーラーパネルを2枚取り付けました。
送電線への連結を行わずにバッテリーに蓄えた電気を自宅で消費する
独立型の発電システムをオフグリッドソーラーシステムといいます。
雪国では、外一面が雪で真っ白になるため、乱反射で採光できるらしく
フルシーズンでの稼働を期待しています。これで外装工事も完了です。

下駄箱.JPG

ソー^ラーパネルインバーター他.JPG

配線は玄関に作った下駄箱の下に500Wのバッテリ−を2個つなぎ、
インバーターとコントローラーを組み合わせて、室内のソーラー専用
コンセントで利用するシステムです。電気が止まっても、ペレット
ストーブが一晩稼働する程度の電気を蓄えておきます。

いまいち上手く稼働していません。中国製のソーラーキットだから?
配線を間違えた? バッテリーを再充電してもう一度チャレンジします。

ソーラーパネル接続.JPG

posted by えこすた at 22:31| Comment(0) | 三角屋根プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

今日はニンニク!

オーガニック栽培のニンニクを収穫

2013ヒバヒル・ニンニク.jpg

ぎりぎりのタイミングでニンニクを収穫しました。
取り遅れると、球が裂けてしまいます。あぶなかったー。
今年で5シーズン目、余市の有機農家さんから分けてもらった
種球ニンニクを更新中。今年収穫したニンニクはすこし小ぶり。
秋の作付は堆肥をしっかり入れようかな・・・。
80球ほど収穫したうち、来年の収穫用に20球ほど残します。
残りは1週間に1球消費する計算で、1年分確保出来ます。
と言っても春になると芽が出てくるので、保存法を工夫しなければ
いけません。北海道では、9月末までに翌年分の作付を済ませます。
posted by えこすた at 17:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。