北海道の自然素材で住宅・店舗をデザインします。

2012年03月24日

見学会のお知らせ

自然派住宅完成見学会-「三世代が楽しく暮らす北海道の木の家」
雪解けと共に開催する見学会は親子三世代の暮らす自然素材の家。茶室やピアノスタジオなど家族の趣味の部屋とロフト空間をつくりました。

☆見学ポイント!
・道産から松木酢液煮沸処理材による外壁
・江別レンガタイル貼りのポーチ
・連窓に見えるサッシ
・ガレージ組込型の外観
・構造をむきだしにした2階ホールと子供室
・勾配屋根を生かした居心地の良いロフト空間
・施主施工によるオリジナルほたて貝の塗り壁
・自然素材でつくる茶室
・道産木材によるオリジナルキッチンと家具

<構造・規模>
木造在来軸組工法・2階建て
建 築 面 積:120.07u(36.32坪)
延べ床面積 :177.21u(53.61坪)

□開催日時:平成24年3月31日(土曜日)AM10:00 〜 PM4:00
□開催場所:札幌市厚別区  
※見学ご希望の方はご予約くださいますようお願いします

120324-1.jpg
写真:Y端さん

自然派住宅構造見学会-「シンプルな二人暮らし・北海道の木の家」
一冬雪の下で寝かせた基礎に、大工さんが手刻みした北海道産の木を組みました。伝統工法の継ぎ手で組まれた、から松、えぞ松、とど松の大梁と大黒柱は圧巻です。

☆見学ポイント!
・継ぎ手と仕口
・基礎と土台の関係
・柱と梁の関係
・無合板の下地板

<構造・規模>
木造在来軸組工法・2階建て
建 築 面 積:67.08u(20.29坪)
延べ床面積:95.65u(28.93坪)

□開催日時:平成24年4月15日(日曜日)AM10:00 〜 PM4:00 
□開催場所:札幌市北区
※見学ご希望の方はご予約くださいますようお願いします
120324-2.jpg
写真:Y田さん

※ご予約お問合せは・・・ビオプラス西條デザイン TEL:011-774-8599
ところで。もし、植林された針葉樹の山に入って自分の家の木材を選べるとしたら、どんな木を選ぶでしょうか。太く大きな木、細い木。木造建築に関る前のころ、先輩に聞かれたことがありました。わたしの場合は「やっぱり太い木かなあ」と答えたか、ただ?の顔をしていたはずです。木の性質を知っている人であればきっと細い木を選ぶと答えるでしょう。植林時期が同じ木であれば、太い木と細い木の違いは年輪にでてきます。細い木は太い木に比べて年輪の間隔が狭く、密にあります。年輪が密なものほど、強いのですね。同じ場所で育ったのなら細い木を選ぶべし!と教えていただきました。そんなことを思い出した小雪日和。
120324_1437~01.jpg
c・・・ちょっと細すぎでしょうかあああ


posted by えこすた at 14:42| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。