北海道の自然素材で住宅・店舗をデザインします。

2012年07月02日

エコ旅どうでしょう! ENGLAND編 18

英国でエコ旅 その18

ブライトン ・ リサイクル資源で建てた家 
『 アースシップ・ブライトン  前 編 』


ロンドンから列車で一時間ほどのリゾート地、ブライトンの
郊外にスタンマーオーガニック(16グループの合弁組織)が
管理する18エーカーの敷地の一角に『アースシップ』があります。
敷地内は所属する各組織がそれぞれに自然と共生する取組をしていて
アースシップまで歩いている道なりに垣間見ることが出来ます。

ブライトン (29).jpg

ブライトン (28).jpg ブライトン (25).jpg

ブライトン (53).jpg

しばらく散歩していると開けた敷地に建物が見えてきました。
古タイヤに土を詰めて積み上げた壁の中に、断熱材を挟み、
木のテインバーフレーム構造に南側をガラス張りにした
パッシブデザインのアースシップ・ブライトンです。

ブライトン (64).jpg

ホッカートンプロジェクト同様、北側半分は土に埋まっています。
また、小型風車や太陽光パネルで最低限の電気も自給し、水も雨水
を浄化して利用するための浄化池と装置が装備されていました。

ブライトン (186).jpg


廃材のタイル・ガラス瓶・石材・木材をフルに使ってセルフビルド
で建てられる小さなゼロエネルギー住宅のモデルハウスになっています。

ブライトン (56).jpg ブライトン (66).jpg
ブライトン (72).jpg ブライトン (75).jpg 

ブライトン (147).jpg ブライトン (161).jpg ブライトン (169).jpg

次回はいよいよアースシップ・ブライトンの中をご案内します。

エコ旅どうでしょう!は エコ空間デザイナー 西條正幸がお伝えしています。

 


posted by えこすた at 21:55| Comment(0) | エコ旅の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。