北海道の自然素材で住宅・店舗をデザインします。

2012年08月02日

エコ旅どうでしょう! ENGLAND編 25

英国でエコ旅 その25

環境教育施設 エコテックプロジェクト


●エコテックセンター.jpg

2001年前に尋ねた、イギリス ノーリッジ近郊に
環境教育施設 エコテックセンターがありました。
360度展望可能な空中デッキが売り物の風車は、風車の
支柱の中を回るらせん階段を登るタービンツアーが売りでした。
展望室のガラス越しに目の前をブンブン回る大きな羽は圧巻です。

エコテックー風車入り口.jpg

エコテック-空撮.jpg

センター施設は当時イギリス最大の木造建築物で大きなガラス貼り
のパッシブソーラーデザイン。 室内展示室・会議室・オフィイス
エコレストラン・ショップ・シアターなどがあり、学校・企業・個人
のために作られた、様々な環境教育プログラムが用意されています。 
また周辺地域から集められてくる、木チップを燃料にしたバイオマス
ボイラーでつくる温水利用の床暖房システムが特徴になっています。

エコテック室内3.bmp

エコテック室内.jpg

エコテックボイラー.jpg

屋外展示は有機ガーデン・在来種の植物展示・ゴミ処理とコンポスト
トレイル・ストローベイルハウス・柳の木の遊具などで構成されてる。
NPOとボランティアにより運営されていて、施設周辺に企業を誘致し、
地域の雇用と活性化に貢献する。エコテックセンターはもうひとつの役割
をはたしながら、環境のことを考えることの出来るすばらしい施設でした。

エコテックーガーデン.jpg エコテックーコンポスト.jpg 
エコテックーストローベイル1.jpg エコテックセンター柳野小屋.jpg

さて、ちまたではロンドンオリンピックに夢中ですね。
英国エコ旅はどうやらネタ切れ模様、過去にさかのぼり、
日本各地やヨーロッパのエコ旅を思い出してみようかな?

エコ旅どうでしょうは、エコ空間デザイナー 西條正幸がお伝えしています。
posted by えこすた at 19:16| Comment(0) | エコ旅の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。