北海道の自然素材で住宅・店舗をデザインします。

2013年11月05日

北海道版エコアパートに住もうD

架構の刻みと同時に、見え掛かりの部分の木部の塗装を
おこないました。

IMG_2702.JPG

オーナーの大澤さんが30ミリ厚の野地板の塗装をしています。
私も少々手伝いました。







IMG_2704.JPG

その時に活躍したのが武部建設特製のカーペット刷毛です。
これは広い面積を塗るのに大変便利!。







IMG_2775.JPG

IMG_2778.JPG

足場も掛かり、いよいよ土台敷きです。当日はあいにくの雨模様でした。







IMG_2833.JPG

IMG_2854.JPG

土台設置完了時の現場全景です。
前述のとおり、土台は西條デザインお得意のクリにしてもらいました。
扱いが難しかったでしょうが、良く対応してくれました。
下の写真は土台の仕口で小根ほぞ差しという仕口です。楔を打って留め付けます。
北海道の大工集団でここまでこだわる所がどれだけあるか・・・・。







IMG_2871.JPG

IMG_2902.JPG

IMG_2936.JPG

一階も組みあがり、2階にかかっています。
小屋掛けからクレーン車で梁を上げました。
下では別の大工さんが金輪継ぎで桁をつないで上にあげる準備をしています。








IMG_2903.JPG

桁が2重になっていますが、これが今回の目玉の一つである、
構造的に干渉しない界壁のための架構です。
長屋や共同住宅の永遠の課題として音の問題があります。
この仕様でどこまで解消できるか・・・・。








IMG_2972.JPG

IMG_2955.JPG

南側の持ち出し梁の様子です。母屋を渡りで掛けています。
木架構の片持ち梁は見ていて格好が良いですね。
だいたい組みあがりました。ここまで金物締めを含めて約5日かかっています。







IMG_2981.JPG

杵と臼ですが、一体これは?。

続きは次回のお楽しみ。    (田)


posted by えこすた at 21:32| Comment(0) | エコアパート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。