北海道の自然素材で住宅・店舗をデザインします。

2014年01月21日

北海道版エコアパートに住もうH

エコアパートのブログではすでに内覧会のお知らせの段階になっていますが、
少々遡って上棟式直後から現場の様子を・・・・。


IMG_3083.JPG


IMG_3093.JPG

屋根廻りの塗装と大工さんの破風(正確には鼻隠しか?)取り付けの写真です。
塗装しているのは大澤オーナーです。塗装工事の全般を担当しています。
破風の取り付けはベテランの大工さんが新米さんに指導しながらおこなっています。







IMG_3132.JPG


IMG_3140.JPG

破風や野地板が張り終わったら板金屋さんの出番です。
今回は屋根勾配をあまり取らないので、フラットルーフという葺き方をします。
雪国ではこの10年でかなり普及してきた葺き方です。
この時点で11月の中旬です。ちょうど初雪が降っていたころでした。







IMG_3208.JPG

IMG_3429.JPG

IMG_3209.JPG

今回の目玉の一つである、壁のウッドファイバー断熱材の200o充填が始まりました。
大工さんが手作業で間柱や付加断熱用の下地の間に入れていきます。
横に取りつけている垂木サイズの材が付加断熱用の下地です。
1階床組みとの取り合いの写真もあり、防湿シートが写っていて気密工事
の一端が見えると思います。







IMG_3433.JPG

IMG_3223.JPG

外の南側では、畑のための暗渠工事とアースチューブの埋設がはじまりました。
敷地は粘土地で水捌けがわるく、(元は水田だったとか)畑にとっては
あまり良くないので、思い切って暗渠管を敷設することにしました。
建物本体の、基礎の砂利層ともつなげて水捌けを良くし、基礎廻りの地熱が
水に取られないようにします。
アースチューブは30メートルの長さで埋設して、そのチューブの周りも砂利層
にして暗渠を兼ねるようにしています。






IMG_3236.JPG

IMG_3239.JPG

暗渠管の先はホタル池につながっていて、そこに放流されます。
工事途中の掘削の時点で、染み出るように水が流れていました。
雪で池が隠れるまで所定の水位はキープされていたので、
池の再生の第一段階は成功のようです。






IMG_3264.JPG


IMG_3325.JPG

外部の北側では雁木の建てこみが始まりました。
架構材はすべて道産カラマツの無垢材です。
この時期は降った雪が根雪になりかけていたころなので、
もう雪雲と競争しているように作業していました。





IMG_3322.JPG

大澤棟梁が梁と柱の接合部に込栓を打っています。
外部にボルト等の金物を使うと結露で腐食する場合があるので
雁木はなるべく金物を減らして長ホゾに込栓で納めています。
武部さんの古民家移築で培った技術をここで生かしてもらっています。

次回は内部の造作の様子などを・・・・・。   (田)

























posted by えこすた at 11:47| Comment(0) | エコアパート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

北海道版エコアパートに住もうG

畑のついているエコアパート入居者募集開始!

北海道の無垢の木と自然素材で建てたエコアパート。
3月末の入居に向けて、雪の中工事は進んでいます。
1月24(金)25(土)26(日)の3日間
先行内覧会が開催され、3世帯の入居者を募集します。

SKMBT_C22014011218050.jpg
posted by えこすた at 00:00| Comment(0) | エコアパート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

北海道版エコアパートに住もうF

自然素材のエコアパート 構造見学会

当別に建設中のエコアパートで構造見学会が開催されました。
寒い中たくさんの参加者の方がいらしたようです。
ありがとうございました。僕は、『三角屋根プロジェクト』の当番で
行けなかったのですが、いつもエコアパのプログを書いている
設計部長の(山)さんが、張り切って準備をしていたのです。
エコアパ構造見学会1.JPG

今回の目玉は、アパートなのに壁厚が200ミリのW断熱、それも
天然木質繊維断熱材『ウッドファイバー』を使用していいることで
しょうか。高断熱化を図っても呼吸する壁を作ることができる素材、
道産の木材を使い苫小牧の工場で生産されている天然断熱材です。
この日は断熱構造がわかるような模型を手作りして説明していました。
建物を構成するほとんどの部材を道産無垢の木で賄うことになります。
エコアパ 構造見学会2.JPG

せっかく断熱をしても、換気扇を24時間まわしっぱなしにして、
温めた室内の空気を外に捨ててしまうのはもったいない。
そこで、サーキュレーション効果を使って室内の空気をうまく利用
しようと、自家製のサーキュレーションBOXを作ってみたようです。
エコアパ構造構造見学会3.JPG

この日は、ペレットストーブの講習会も開催されていました。
アパートなのに暖房はペレットストーブなのです。良いでしょ!
オーナーの大澤さんの部屋で実際に使用されているストーブの火
を見ながらですから、とても良い雰囲気だったようです。
とても高い意識のオーナーさんあってのエコアパートです。
住人さんが早く集まって、2棟目の計画が進むと良いですね。
ペレット講座.JPG

posted by えこすた at 17:42| Comment(0) | エコアパート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

北海道版エコアパートに住もうE

去る11月4日にエコアパートの上棟式が行われました。
雨も予報されましたが、幸いにも天気に恵まれ、
ときどきお日さまも顔を出すような空模様でした。




IMG_3003.JPG


IMG_4541.JPG

当別神社の神主さんを先頭(?)に大澤ファミリー、
設計者、施工者と勢ぞろいです。

このブログで度々紹介しているオーナーの大澤さんと大工の棟梁の大澤君は
同じ苗字なのですが、それもそのはずで実は親子でしてた。
父親の希望を息子が形にするという、何か羨ましい図式になっています。











IMG_4542.JPG


それでもって、親子そろっての槌打ちの儀です。
最後に組み残した梁を(実は母屋ですが)2人でたたき込んでいます。






IMG_3027.JPG
建て方に参加している大工さんの集合写真です。
大工さん達の気持としては、とりあえず一安心というところでしょうか。
これから冬に向かって大変ですが、頑張りましょう。





IMG_3045.JPG

IMG_3050.JPG

今回の上棟式は、餅まきの変わりに餅つきをしよう、いうことで
大工さん達がついた餅をお汁粉にして、近隣の方にをふるまいました。
地域のコミニュニケーションが残っているっていいですね。
札幌の新興住宅地ではなかなか。








IMG_3072.JPG

その後、大澤さんが直会をひらいてくれました。短い時間でしたが、
設備屋さん達も交えて和気あいあいと楽しい時間を過ごせました。
大澤さん、あらためて御馳走様でした。
それではまた。     (田)
posted by えこすた at 20:28| Comment(0) | エコアパート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

北海道版エコアパートに住もうD

架構の刻みと同時に、見え掛かりの部分の木部の塗装を
おこないました。

IMG_2702.JPG

オーナーの大澤さんが30ミリ厚の野地板の塗装をしています。
私も少々手伝いました。







IMG_2704.JPG

その時に活躍したのが武部建設特製のカーペット刷毛です。
これは広い面積を塗るのに大変便利!。







IMG_2775.JPG

IMG_2778.JPG

足場も掛かり、いよいよ土台敷きです。当日はあいにくの雨模様でした。







IMG_2833.JPG

IMG_2854.JPG

土台設置完了時の現場全景です。
前述のとおり、土台は西條デザインお得意のクリにしてもらいました。
扱いが難しかったでしょうが、良く対応してくれました。
下の写真は土台の仕口で小根ほぞ差しという仕口です。楔を打って留め付けます。
北海道の大工集団でここまでこだわる所がどれだけあるか・・・・。







IMG_2871.JPG

IMG_2902.JPG

IMG_2936.JPG

一階も組みあがり、2階にかかっています。
小屋掛けからクレーン車で梁を上げました。
下では別の大工さんが金輪継ぎで桁をつないで上にあげる準備をしています。








IMG_2903.JPG

桁が2重になっていますが、これが今回の目玉の一つである、
構造的に干渉しない界壁のための架構です。
長屋や共同住宅の永遠の課題として音の問題があります。
この仕様でどこまで解消できるか・・・・。








IMG_2972.JPG

IMG_2955.JPG

南側の持ち出し梁の様子です。母屋を渡りで掛けています。
木架構の片持ち梁は見ていて格好が良いですね。
だいたい組みあがりました。ここまで金物締めを含めて約5日かかっています。







IMG_2981.JPG

杵と臼ですが、一体これは?。

続きは次回のお楽しみ。    (田)


posted by えこすた at 21:32| Comment(0) | エコアパート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。