北海道の自然素材で住宅・店舗をデザインします。

2012年12月10日

拓北の家 その9

だいぶ間が開きましたが、拓北の家の完成編をお伝えします。


DSCN0777.JPG


DSCN0800.JPG


札幌は12月10日現在、すっかり外は雪景色ですが、
これら写真は一月半ほど前なのでまだ雪が降っていません。
外物置の設置の様子です。土台は道産カラ松で天然塗料系の耐候性塗料
を塗っています。板張りの外装なので防火性と防水性を考えると
躯体の造作は母屋とほぼ同じです。










DSCN0893.JPG


DSCN0914.JPG


上の写真はデッキテラスの上にポリカーボネードの屋根を掛けているところです。
下の写真は外構の犬走りの施工の様子です。砂利の下に防草シートを敷いています。










DSCN0939.JPG

DSCN0941.JPG


ここからは完成写真になります。まずは外観ですが、基礎巾木はFP板の上にモルタル掃き付け
外壁は道産カラ松の木酢浸けの板張りで、玄関廻りを道産杉に変えて柔らかいアクセント
を付けています。手前に畑と駐車エリア、右側に完成した物置が見えます。











DSCN0958.JPG

玄関土間の中です。左の壁に気密仕様の郵便受け、奥にストーブが見えます。
床のタイルは特注色の江別レンガタイルです。
この右手にUT・浴室につながる扉があり、外の畑から水場へ直行できます。










5.jpg

3.jpg

<DSCN0953.JPG

リビング・ダインニングの様子です。
主暖房が薪ストーブということで玄関土間からリビングまで繋がる土間が特徴的です。
壁の仕上げは噴火湾産のホタテを使った漆喰塗り、床は道産カラ松の一寸厚のフローリング、
天井は和紙貼りです。
一番下の写真は、土間の上がり框に仕込んだ下足入れの引き出しです。










4.jpg

6.jpg

<
上の写真はキッチンカウンターからリビングを見ています。
オイルガードに珪藻土タイルを張っています。
下の写真は2階から見下げた階段の様子です。
段板は床材と同じくカラ松です。










1.jpg

2.jpg

2階のホールと吹抜けの写真です。
太陽光と熱を多く取り入れるために2階の窓も大きくして、
吹抜けを介して一階に届くようにしています。









DSCN0885.JPG


DSCN0882.JPG

2階の一番高い部分の暖かい空気をコントロールする換気装置です。
3路シャッターを付けていて、夏期はそのまま外部に排出し、
冬期は一階の床下に送り込み土間コンに蓄熱させます。
スイッチひとつで切り替え可能ですが、暖かい空気は湿度を多く含み易いので、
冬期は床下の結露に注意が必要です。







7.jpg


_MG_3175.jpg


最後は2階の各個室です。
窓下に補助暖房のパネルが見えます。もうオーナーは引越しをされていて生活を始めていますが、
ほとんど1階の薪ストーブのみで過ごされているようです。



これで拓北の家の連載は終了です。
またメンテナンス等でブログに登場するかも。
オーナーをはじめ、建設関係者の皆様、ご苦労さまでした。   (田)





















posted by えこすた at 13:48| Comment(0) | 札幌版次世代住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

拓北の家 その8

完成見学会の案内告知が先になってしまいましたが、
今回は仕上げ工事の様子をお伝えします。




DSCN0486.JPG


内部の塗装に使う塗料は、リボス社の自然塗料が多いのですが、
今回はアトリエベルの古色仕上げオイルフィニッシュを使いました。
国産で亜麻仁油ベースの木目が美しく出るオイルです。







DSCN0517.JPG 

 
内部塗装が終わったら、天井の和紙クロス貼りです。ビニールクロスなど
ではもちろん無く、藁を漉き込んだ土佐和紙を、無添加の澱粉糊で貼っていきます。






DSCN0654.JPG

いよいよ塗り壁工事になります。コストダウンと、セルフビルドの
楽しみを味わうのとで、塗り壁の施主施工はけっこうお勧めです。
今回は珪藻土ではなく、ほたてシックイを選択しました。
お父さんがほたてシックイをミキサーで混ぜている様子です。






DSCN0656.JPG

DSCN0658.JPG

DSCN0664.JPG

週末を3回使って塗り壁工事を行いましたが、施主の友人家族も多数訪れて
いただき、大変賑やかで、楽しみながらのセルフビルドでした。






DSCN0680.JPG

DSCN0684.JPG

DSCN0697.JPG


塗り壁工事の合間に造作家具の取付を行いました。その後にまた、
家具との取り合い部分にほたてシックイを塗っていきます。







DSCN0669.JPG

家具工事と同時期でしたが気密試験を行いました。
札幌版次世代住宅の認定に義務付けられているもので、
この建物の目標値の相当隙間面積は1.0以下です。試験を行った
結果としては0.2という大変優秀な数値でした。








DSCN0711.JPG


DSCN0763.JPG

DSCN0813.JPG

塗り壁工事が終了した後、設備機器や建具等の取付です。
最後に薪ストーブを設置して、内部の工事はほぼ完了です。





次回は外構工事と完成した建物の様子をお伝えします。   (田)
posted by えこすた at 17:07| Comment(0) | 札幌版次世代住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

札幌版次世代住宅を自然素材でつくる

札幌版次世代住宅の完成見学会 を開催します。

    10月13(土)14(日)の2日間
    札幌市北区拓北7条2丁目13


 平成24年度 sapporo ECO−E HOUSE
北海道産の循環型資源を活用した高断熱自然派住宅

DSCN0643.JPG

札幌市が募集した札幌版次世代住宅の補助金(50万円)をうけた
省エネ住宅の完成見学会を開催いたします。
評価等級「ベーシックレベル」で既存住宅の1/2程度のCO2排出量
の削減とエネルギー消費を抑え、省エネにつながる今後目標とされる
断熱レベルの住宅です。

DSCN0775.jpg

断熱性能を高めることによって可能になる省エネ住宅ですが、
建築資材の製造時から最終処分時までの過程における省エネ性や
環境負荷の問題や化石資源の消費などは棚上げになっているのが
現状です。 僕たちが提供する住宅の最大の特徴は、地域の資源を
最大限に活用して環境と住む人の健康に負荷をかけない持続可能な
循環型の住まいを提供すること目指しています。

DSCN0772.JPG

北海道産の無垢の木材を100%使用し、内装仕上げや家具・建具
にも道産木材を利用しています。 化学薬剤と合板類を使用しない
で家を建てる無合板住宅は、住む人の健康に負荷をかけない安全性と、
接着剤を使わずに50年以上の長期間使用でも劣化しない耐久性、
そして再生利用や処分時の環境への負荷の軽減につながります。

DSCN0774.JPG

壁と天井に充填されている古紙の断熱材は、木材利用の50%
以上を占める紙製造のリサイクル素材で、製造時での低いエネルギー
消費は、持続可能で快適な真の省エネルギー住宅を考える上で大切な
ことだと思います。北海道の循環型資源を活かした住まいづくりを
知っていただきたいです。

藤井邸完成見学会チラシ0921.jpg

posted by えこすた at 19:19| Comment(0) | 札幌版次世代住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

拓北の家 その7

またまた間が開いてしまい、一部から柔らかなお叱りを受けて
しまいましたが、第7回目では内部造作などの様子をお伝えします。



DSCN0154.JPG


内部造作材の加工を行う前に、詳細図で大工さんと打合せ
をします。だいたい5分の1スケールで全ての木枠などの
造作材の図面を書きます。昔ながらに無垢の板材から加工
するために、詳しい寸法の書いた図面が必要です。








DSCN0158.JPG

DSCN9932.JPG

今回は造作材として主にとど松、それとタモ材を使います。
タモ材は窓台などの水平面の耐久性が求められる部位に使い
ます。上の写真は旭川のA木材から直接取り寄せたとど松の
板材で、下の写真が厚沢部町のS木材のタモ材です。ともに
含水率を12%程度に指定して乾燥してもらいます。S木材は
木製乾燥釜の低温乾燥機を持っています(ブログの道南研修
編を参照)。 一応検品して受け取りますが、耳付きのまま
板材を貰うことも多く、デザインに利用したりします。








DSCN0416.JPG

大工さんが玄関収納の扉の鴨居を取付ています。
ピンク色の壁材は、収納等に使う化学物質を吸着してくれる
石膏ボードの一種です。廃棄処理の点から石膏ボード下地
から脱却したいのですが、予算の点からなかなか・・・・。








DSCN0405.JPG

DSCN0483.JPG

<吹抜けのスノコ床とワークテーブルを組んでいる様子です。
家具的な物も今回大工さんに作ってもらいました。







DSCN0417.JPG

外ではストーブ屋さんが煙突を施工しています。
やはり、煤が付きにくい断熱2重煙突を取付ています。








DSCN0618.JPG

DSCN0620.JPG

家具屋さんの作業場では、キッチンなどの家具の製作が進んでいます。
キッチンはもちろん、食器棚や洗面台もフルオーダーで北海道の木で
作ります。やはり家具の詳細図を書いて職人さんと打合せします。





次回は仕上げ工事編です。内部塗装や和紙クロス貼り、塗り壁の
施主施工の様子などをお伝えします。          (田)









posted by えこすた at 21:03| Comment(0) | 札幌版次世代住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

拓北の家 その6

前回より2週間以上経ってしまいましたが
気密・断熱の様子をお伝えします。


DSCN0294.JPG

断熱工事屋さんのトラックです。断熱方法としては、いつもの
セルローズファイバーを天井、壁ともに吹き込む方法です。
今回は、特に壁を200mmの厚みで一度に吹き込みます。
天井は札幌圏では今や標準的な300mmで吹き込みます。





DSCN0207.JPG

ネット張りの様子です。セルローズを吹き込む時に
こぼれない様にする為のネットです。タッカーと呼ばれる
ホチキスの大きめの針で留めていきます。





DSCN0252.JPG

DSCN0244.JPG


一般的には断熱材を充填した後に気密と防湿を兼ねたシートを
張りますが、そのときの施工性を考えてシートを一部先張りし
ておきます。そのシートですが、我が社では普通のポリシート
ではなく湿気を吸放出できる特殊なシートを張ります。上の写真は
外壁と間仕切り壁の取り合い部分での先張りの様子です。下の写真
はスイッチ・コンセント様の気密ボックスと郵便受けです。





DSCN0255.JPG

DSCN0239.JPG

セルローズを吹き込んでいる様子です。
よく言われている事ですが、セルローズファイバーは新古紙のリサイクル品なので
元は木から出来ています。しかも湿気が入っても断熱性能が落ちないので、
先に書いたシートとともに『呼吸する外壁』を作る上で欠かせない材料です。





DSCN0302.JPG

DSCN0310.JPG

セルローズの充填が終わり、大工さんがその吸放出性のあるシートを
張っています。下の写真は梁部分等のテーピングの様子です。





DSCN0272.JPG

外のほうでは、外壁工事がいよいよ終盤です。
大工さんが面戸を付けています。




次回は建具枠などの内部造作の様子をお伝えします。 (田)



posted by えこすた at 17:18| Comment(0) | 札幌版次世代住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。