北海道の自然素材で住宅・店舗をデザインします。

2014年02月13日

オーガニックな菜食料理2

安曇野『穂高養生園』の料理

オーガニックな衣・食・住をテーマにした講座と食の
イベント『オーガニックカレッジ2014』のゲスト
野本弥生さんが料理長を務める、心と体に良い暮らし
を体験する宿『穂高養生園』。午前中は野本さんに
安曇野での暮らしぶりをお聞きし、夕方の交流会では
養生園の料理をいただきながら楽しいひと時を過ごします。
P1100984.JPG
養生園は心と体をケアする現代版湯治宿のようなところ。
自然食のお食事とお散歩やヨガでナチュラルライフ。
春、お天気の良い日はウッドデッキでの朝食も気持ちが良い。

P1100993.JPG
配膳も食器洗いもセルフスタイルです。

P1100996.JPG
ある春の朝食

P1100906.JPG
ある春の夕食

P1100909.JPG
うれしいデザート

昨年春のエコ旅でお邪魔した養生園の料理にほれ込んで
その場で、今回のイベントへの参加をオファーをしてしまった。
野本効果か・・・参加申し込み好調です。
http://www.saijo-d.com/sidhp/event
posted by えこすた at 00:00| Comment(0) | 掲載記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

200o断熱エコアパート構造見学会のお知らせ

このブログで紹介している北海道版エコアパートの
構造見学会を行います。
ブログで書いている通り、さまざまな試みをしています。
  ・ウッドファイバーを使った200ミリ断熱
  ・ペレットストーブによる暖房
  ・アースチューブを使った換気
  ・エキスパンション界壁 
等々、見どころ満載です。
もちろん武部建設さんが組んだ道産無垢材の架構も見ものです。
興味のある方はぜひいらしてください。

エコアパート構造見学会チラシ1106.jpg



posted by えこすた at 09:46| Comment(0) | 掲載記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

陸前高田の松材のその後

待ちに待った雪解けの頃となりました。今頃の雪道はザクザクという音がします。日中の陽射しでとけて、夜の冷え込みでまた凍りを繰り返し、粗めのシャーベットのような感じです。
被災した陸前高田の松材でフルートを作ってくださった方より、福島県相馬市での演奏会の模様をお知らせいただきました。
長く生きてきた樹木は、家になったり楽器になったり、わたしたちに力を与えてくれます。
ところで。木の成長のしかたをご存知でしょうか。木の先端が伸びてゆくとか、根元の部分は延びてゆくとか、想像できますが、木は全体で大きくなるんですね。
120316_1558~01.jpg
イメージです
よく年輪を数えると樹齢がわかるといいますが、木の先端部分と根元の部分では年輪の数が違います。みなさんご存知ですよね。おほ。
posted by えこすた at 16:24| Comment(0) | 掲載記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

下川町

♪もーみの木ー もーみの木ー♪クリスマスソングを歌いたくなる頃です。
札幌は連日冷え込みが厳しく、毎日が真冬日、事務所にいたY端建築士と「寒いですね」「寒いですね」を繰り返していましたが、そんな札幌よりも冷え込んでいる町はたくさんあるようです。ナラのフローリングを下川町から運んでくださった運転手さんによると、下川町の朝はマイナス20℃だと!(あまり経験ちたくないでつね。考えただけで口が凍ってきます。)そんな冷え込みの厳しい下川町は林業の町でもあり、森林組合の関係者の方々はさまざまな「森商品」を開発していらっしゃいます。
111219-2.jpg
『しらかば芳香蒸留水』とても「新鮮なしらかばの枝葉、樹皮を水蒸気で蒸留してつくりました」自然の良い香りがします。この他にも『もみの木の精油』もおすすめです。
FUPUNOMORI

111219-4.jpg
2009年に下川町のご近所愛別町で新月の伐採をしたときの写真をみつけてきました。今年はもっと雪が多いかもしれません。

111219-3.jpg
この季節になるといつもお世話になる龍角散。息を吸い込みながら口に含み、さらに電話に出ると、とても面白いことになります。
posted by えこすた at 15:54| Comment(0) | 掲載記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

やさしい自然派住宅

『やさしい自然派住宅』という本をみつけた。
著者に見覚えが・・・おぉ!わが社の代表では?

としらじらしいことを記してしまいましたこと、笑って許してください。

110628_0907~01.jpg
「自然素材を厳選していけば、木と土と紙にいき着く。それらを使って家を建て、庭では有機栽培で野菜を作る。暖房はまきストーブ。揺らめく炎が身も心も温める---。そんなあこがれのエコ暮らしがここにある。」と帯にあります。

やさしい自然派住宅  北海道新聞社より定価1600円+税

続きを読む
posted by えこすた at 09:36| Comment(0) | 掲載記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。