北海道の自然素材で住宅・店舗をデザインします。

2013年12月06日

自然派住宅にカツラをかぶせて見ました

自然派住宅の設計打ち合わせです。

ある日の『三角屋根の家』での打ち合わせ風景です。
プロポーションを決めるのに屋根の形が大きくかかわります。
お施主さんと模型を見ながら屋根のこう配をどうするか検討します。
打ち合わせ用に、いつも1/100スケールの模型を作ります。
森邸・打ち合わせ (4).JPG

北側へ緩やかに傾斜する片流れ屋根はどうでしょう。
森邸・打ち合わせ (2).JPG

ダメなの・・・じゃあズラ変えてみましょうか。
森邸・打ち合わせ (3).JPG

やっぱり、切妻屋根がしっくりくるようです。
森邸・打ち合わせ (1).JPG

スノーストッパー構造が普及して勾配屋根でも無落雪。
雪害の心配が軽減しました。庇のある家が増えると、
北国の住宅街の景観も少しは良くなるのかな。
posted by えこすた at 09:00| Comment(0) | 家づくりの現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

北海道版エコアパートに住もうF

自然素材のエコアパート 構造見学会

当別に建設中のエコアパートで構造見学会が開催されました。
寒い中たくさんの参加者の方がいらしたようです。
ありがとうございました。僕は、『三角屋根プロジェクト』の当番で
行けなかったのですが、いつもエコアパのプログを書いている
設計部長の(山)さんが、張り切って準備をしていたのです。
エコアパ構造見学会1.JPG

今回の目玉は、アパートなのに壁厚が200ミリのW断熱、それも
天然木質繊維断熱材『ウッドファイバー』を使用していいることで
しょうか。高断熱化を図っても呼吸する壁を作ることができる素材、
道産の木材を使い苫小牧の工場で生産されている天然断熱材です。
この日は断熱構造がわかるような模型を手作りして説明していました。
建物を構成するほとんどの部材を道産無垢の木で賄うことになります。
エコアパ 構造見学会2.JPG

せっかく断熱をしても、換気扇を24時間まわしっぱなしにして、
温めた室内の空気を外に捨ててしまうのはもったいない。
そこで、サーキュレーション効果を使って室内の空気をうまく利用
しようと、自家製のサーキュレーションBOXを作ってみたようです。
エコアパ構造構造見学会3.JPG

この日は、ペレットストーブの講習会も開催されていました。
アパートなのに暖房はペレットストーブなのです。良いでしょ!
オーナーの大澤さんの部屋で実際に使用されているストーブの火
を見ながらですから、とても良い雰囲気だったようです。
とても高い意識のオーナーさんあってのエコアパートです。
住人さんが早く集まって、2棟目の計画が進むと良いですね。
ペレット講座.JPG

posted by えこすた at 17:42| Comment(0) | エコアパート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

コンクリートブロック住宅をリモデルしました

時を越えてよみがえる 三角屋根プロジェクト 17 
自然素材住宅を見学しましょう!


s-拓北外観2邸.jpg

早いなー、あっという間に1週間経っちゃいました。
明日は土曜日『三角屋根の家』オープンハウスの日です。
実は三角屋根の家のとなりには昨年建てた古民家風の
木造住宅が建っていたのです。
来場の皆さんはこちらのほうが気になるようです・・・
運が良ければ見れるか・も・ね!

SKMBT_C22013112910541.jpg

『三角屋根の家』オープンハウス のチラシ
posted by えこすた at 11:14| Comment(0) | 三角屋根プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

コンクリートブロック住宅をリモデルしました。


 時を越えてよみがえる 三角屋根プロジェクト 16  
 ソーラー発電でペレットストーブをGO! 
 

今日は土曜日、『三角屋根の家』毎週1回の公開日です。
11月も残り1週間、雪が降り積もる季節が近づいてきました。
モデルハウスも今月に入ってからペレットストーブが活躍。

ペレットストーブ.JPG

このペレットストーブは、さいかい産業のSS−1
古いデザインでガラス窓が小さなタイプです。
このメーカーの最大の特徴は、着火を手動で行うことです。
余計な電気を使わずにトラブルも起きにくいのだそうです。
ちょっと面倒に思いましたが、専用の着火剤も用意されていて、
なれると簡単に火起こしができるようになりました。

ペレット着火剤.JPG

着火.JPG

ペレットストーブの多くは電気を使うFF方式です。
せっかくバイオマス燃料を使っても、電気を使うのはなー
といった声が聞こえてきそうですが・・・
僕たちが考えたのは、非常用の電源としても使える
オフグリットソーラーシステムで独立した電力を確保する
ことです。非常時でも一晩暖房が使えることを目標にしました。
500Wのバッテリー1個を満タン充電で、オープンハウスの
見学時間中約6時間稼働して若干余裕が残っています。
バッテリーを連結させてさらに長時間運転出来るようにしたいです。

ソーラーメーター.JPG

コントローラーから有線で目視できるメーターを取り付けています。
2系統でそれぞれソーラー専用コンセントに接続したバッテリーの
残量がわかります。試行錯誤をしながらいろいろ勉強中です。。


posted by えこすた at 11:06| Comment(0) | 三角屋根プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

菜園生活 2014年

菜園NOTEと菜園CALNDAR2014年版が発売!

菜園BOX    パッケージ.JPG

先週末から道内以外の大きな書店さんに並んでいます。
畑作業の管理手帳がほしくて自分で作ってしまい、
発売してからあっという間に6シーズン目を迎えました。
いつ辞めようかと思いつつ、毎年作ってしまいます。(笑)
帯の色を毎年変えていて今年はピンクになりました。

P1120393.JPG

最近は似たような手帳やノートが出回って来ましたね。
過去の畑の状況などを比べることが出来るので毎年記録して
おくと後々助かっています。
カレンダーはもっぱら家族の予定でびっしり埋まっています
が、家族みんなの予定管理に使うと、とっても便利ですよ。

近くの書店にない時はアマゾンか菜園生活.comで購入できます。
posted by えこすた at 12:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。